近刊検索 デルタ

2021年6月30日発売

KADOKAWA

龍のごとく運気が上昇する新しい時代の神社参拝

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「風の時代」になり、神社の参拝方法が変わりました。
従来の神様に「お願いする場所」から、「私が神様になる場所」へ。
神様と私たちが共に手を取り合い、共に生きる時代が来たのです。

=====
2021年から本格的に始まった「風の時代」。
「地の時代」の参拝方法と、
「風の時代」の参拝方法は異なります。

昭和、平成は「外向きの私」を装うことで、
うまくいく時代でした。
「風の時代」は、「外向きの私」を脱ぎ捨てて、
「本来の私」に還るために、神社を活用する時代。

では、「本来の私」とは何か?
それは「私が神様」であることに気づくこと。
これからは、「人類総神様時代」が始まります。

ーー「導入」より
======

神社のなかでも、とりわけエネルギーが高い「龍のいる神社」13社を厳選してご紹介!
13社を日本地図上で線で結ぶと、龍の姿のような「ドラゴン・レイライン」が出現。
龍とともに、最もパワフルな神社を参拝することで、あなたの人生は最強に開運します。

◎特選!13社
[金運、仕事運がバクあがり!]
玉置神社(奈良県)
田無神社(東京都)
高龍神社(新潟県)
椿大神社(三重県)

[人間関係が更にうまくいく!]
安房神社(千葉県)
幣立神宮(熊本県)
神龍八大龍王神社(熊本県)

[恋愛・パートナーシップが豊かに育まれる!]
江島神社(神奈川県)
貴船神社(京都府)

[スピリチュアル能力が高まる!]
高野山金剛峯寺・奥之院(和歌山県)
戸隠神社・九頭龍社(長野県)
八大龍王水神(宮崎県)
秋元神社(宮崎県)
目次
第1章「新しい時代」の始まり
第2章「新しい時代」の神社の役割
第3章「龍」とは何か?
第4章「新しい時代」の神社参拝
第5章 特選! 龍がいる神社13社
第6章 神社で金運バクアゲ!
第7章 人類総神様時代
著者略歴
SHINGO(シンゴ shingo)
14年間務めたブラック企業を、ストレスによる「うつ病」で退社。心のリハビリで訪れた和歌山県の高野山・奥之院で「龍神」を見たことをきっかけに龍が「見える」ようになる。イベント「癒しフェア」でのワークは立ち見がでるほどの大盛況。米国スピリチュアル・エキスポ出演時には「The grand general of dragons(龍の大将軍)」と称賛される。日本が生んだドラゴン・スピリチュアルマスターとして世界進出を進めている。書籍に『夢をかなえる龍』『お金を呼び込む龍』(いずれも光文社)がある。
タイトルヨミ
カナ:リュウノゴトクウンキガジョウショウスルアタラシイジダイノジンジャサンパイ
ローマ字:ryuunogotokuunkigajoushousuruatarashiijidainojinjasanpai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
村上健司/監修 井上淳哉/イラスト なんばきび/イラスト
下僕/著
伊藤寿規/著 湯水快/原著 日陰影次/企画
もうすぐ発売(1週間以内)
医薬経済社:吉成河法吏 安江博 
学研プラス:戸津井康之 
学研プラス:なんばきび 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。