近刊検索 デルタ

6月25日発売予定

KADOKAWA

お茶屋さんは賢者見習い 1

MFブックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
お茶を仕入れ、販売していた楢橋鈴(リン)は、ある日買い付けの旅の帰りに異世界へと転移してしまう。転移した先は、精霊の加護のある世界で、聖域に転移してしまったリンは、自覚が無いままに水・風・火・土の四大精霊から加護を受ける。四大精霊すべての加護を持つ者はごくわずか。精霊術師の中では『賢者』と呼ばれる存在であった。
賢者であるライアンに保護されることとなったリンは、精霊の力と現代知識を使い、様々な精霊道具やアイテムを生み出していく。そんな彼女の発想や活躍ぶりは、ライアンたちをたびたび驚かせ、次第にリンは『賢者見習い』として認知されていき――。
「全く、精霊は君に甘い」「私、賢者見習いじゃなくてお茶屋さんなんですけど……」
いつか再びお茶屋さんをはじめるその日を夢見て――精霊に愛された賢者見習いの、心豊かな異世界暮らし、はじまります。
著者略歴
巴里の黒猫(パリノクロネコ parinokuroneko)
「小説家になろう」出身作家。
日下 コウ(クサカ コウ kusaka kou)
既刊は「アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を」 (電撃文庫)、「席替えから始まるハイスペック陰キャのリア充への道(強制) 」 (モンスター文庫)など。
タイトルヨミ
カナ:オチャヤサンハケンジャミナライ 1
ローマ字:ochayasanhakenjaminarai 1

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
須垣りつ/著 庭春樹/イラスト
羊太郎/著 三嶋くろね/イラスト
DUBU(REDICESTUDIO)/著 Chugong/原著
勅使河原あねも/著 ナンキダイ/監修・イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
美術出版社:藤井フミヤ 
日経BP 日本経済新聞出版本部:湯進 
実業之日本社:堂場瞬一 
星海社:小川隆行 一瀬恵菜 鴨井喜徳 久保木正則 後藤豊 所誠 ほか
エール出版社:鳩山文雄 
中央公論新社:原田泰 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。