近刊検索 デルタ

2021年11月25日発売

KADOKAWA

お茶屋さんは賢者見習い 2

MFブックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
精霊のいる異世界に転移してしまったお茶屋さんのリン。
賢者と呼ばれる精霊術師ライアンの保護のもとで暮らすこととなった彼女は、四大精霊の加護と現代知識を活かして数々のアイテムを生み出していく。自然と、彼女は『賢者見習い』として認知されるようになるのだった。
春が近づくある日、リンの住まう工房に訪問者がやってくる。それは大賢者と呼ばれるライアンの師匠だった。しかし、リンを甘やかす精霊の過保護っぷりには、さすがの大賢者も驚きを隠すことができず――?
そして国をあげての商談会である『春の大市』を控え、リンが生み出した品の量産・販売を間に合わせようと、周囲は大慌て。そんな中、寒さ厳しい自領でも採取できる甘味料の存在が、隣領を巻き込んでの革命を起こしていき!?
精霊に愛された賢者見習いの異世界暮らし、春の大市スタートです!
著者略歴
巴里の黒猫(パリノクロネコ parinokuroneko)
「小説家になろう」出身作家。
日下 コウ(クサカ コウ kusaka kou)
既刊は「アンフィニシュトの書 悲劇の物語に幸せの結末を」 (電撃文庫)、「席替えから始まるハイスペック陰キャのリア充への道(強制) 」 (モンスター文庫)など。
タイトルヨミ
カナ:オチャヤサンハケンジャミナライ 2
ローマ字:ochayasanhakenjaminarai 2

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
青田かずみ/著 椎名咲月/イラスト
はなげのまい/著
五里蘭堂/著 MtU/イラスト
馬あぐり/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
講談社:三止十夜 藤実なんな 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。