近刊検索 デルタ

2021年10月22日発売

KADOKAWA

出版社名ヨミ:カドカワ

16歳で帰らなくなった弟

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ほんの2分ほどのお昼のニュースで流れたのは、弟の死を伝えるものでした。

職人気質でお酒を飲むと財布のヒモがゆるくなる父、
肝が据わっていてよその子でも平気でしかり飛ばす母、
思春期をこじらせて素直になれない姉、
そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。

どこにでもあるような家族の風景が、
警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去ることに…。
肉親を突然失ったある家族が、
再び歩き出せるようになるまでをつづった
描きおろしオリジナルコミックエッセイです。
目次
●1章 弟が突然死んだ
1話 4人家族だった時のこと
2話 死ぬほど後悔していたこと
3話 弟の突然の死
4話 息苦しいと感じた町
5話 荒れていく弟
6話 毎日戦う家族
7話 行方不明になった祖父と弟の話
8話 身元不明の女の子
9話 加害者の青年

●2章 崩れていく家族の中で…
10話 弟の通夜
11話 出棺のときに出会った青年
12話 事故の詳細
13話 街を歩けない母
14話 崩れていく家族
15話 弟の気配
16話 支えてくれる人たち

●3章 証言、疑惑、真実
17話 事故を見た青年
18話 衝撃的な真実
19話 知りたい
20話 身元不明人の処置
21話 調書に記載された真実
22話 真実がひっくり返る

●4章 再び歩き出す私たち
23話 孝くんが出た
24話 死なせてごめん
25話 父を支えてくれた地域
26話 父の思い
27話 弟の過信
28話 母が地元を離れなかったわけ
29話 おねえおれを描け
30話 2021年コロナ禍の夏
著者略歴
きむら かずよ(キムラ カズヨ kimura kazuyo)
イラストレーター。小学1年生の時にプレゼントされた漫画『うわさの姫子』に衝撃を受け、漫画やイラストを描くように。現在は3人の子育てをしながら、新米保育士としても奮闘中。交通事故で亡くなった弟のことを綴った本作品にて連載デビュー。@kmk11161
タイトルヨミ
カナ:ジュウロクサイデカエラナクナッタオトウト
ローマ字:juurokusaidekaeranakunattaotouto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。