近刊検索 デルタ

2021年8月26日発売

KADOKAWA

ルソー エミール シリーズ世界の思想

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
架空の少年「エミール」の誕生から結婚までのおよそ25年間の成長を小説の形式で記す。教育学の古典であり、教育の場面にとどまらない人間学そのものを著した不朽の名作。ルソーが先行する作品群で示した哲学・思想を綜合した、生涯の思索の頂点に立つ作品。ドラマチックでわかりやすい新訳による抜粋と、懇切ていねいな解説で、物語としても通読しながら作品の思想の背景や流れを学び、本文に親しめる入門書。

【目次】
はじめに
人と作品
『エミール』
 序文
 第一編 乳児期(誕生-一歳)
 第二編 幼児期(一歳-十二歳)
 第三編 少年期(十二歳-十五歳)
 第四編 青春期(十五歳-二十歳)
 第五編 思春期(二十歳-二十五歳)
コラム1 ヴァンセンヌのイリュミナシオンと人間の本源的善性
コラム2 ルソーの「子捨て事件」
コラム3 モンモランシーのプチ・シャトーで『エミール』を執筆
コラム4 『テレマックの冒険』
コラム5 どこに住むかの問題
参考文献
ルソー著作関連年表
著者略歴
永見 文雄(ナガミ フミオ nagami fumio)
1947年生まれ。中央大学文学部教授。専門は18世紀フランス文学、思想史。主著に『ジャン=ジャック・ルソー‐自己充足の哲学』などがある。
タイトルヨミ
カナ:ルソー エミール シリーズセカイノシソウ
ローマ字:rusoo emiiru shiriizusekainoshisou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

KADOKAWAの既刊から
下僕/著
むらさきゆきや/著 七原冬雪/イラスト
采和輝/著 八月八/原著 大橋キッカ/企画
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
鳥影社:山上一 
集英社:深緑野分 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。