近刊検索 デルタ

2022年4月21日発売

KADOKAWA

出版社名ヨミ:カドカワ

専門医が教える 肝臓から脂肪を落とす食事術 予約の取れないスマート外来のメソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
肝臓の脂肪は、内臓脂肪より、皮下脂肪より、最も落としやすい脂肪です。
案外知らない人が多いのですが、脂肪分を控えても、お酒を飲まなくても、肝臓に脂肪が貯まっている人が増えています。

肝臓先生の異名を取る著者は、肝臓外科医。
生体肝移植の際は、肝臓に10%の脂肪があってもドナーになれないため、短期間で脂肪肝を改善する減量指導をずっと続けてきました。命にかかわるダイエットなので、みるみる減量に成功するさまを何度も経験。

このノウハウを生かして2017年に佐久市立国保浅間総合病院に開設されたのが「スマート外来」です。
肝臓先生と、糖尿病の専門医がタッグを組んで
3か月で6キロ程度の体重を落とし、しかも、無理せず続くのでリバウンドもしにくい食事術。この指導により、8割の患者がダイエットに成功して大評判に。

スマート外来は「病院で痩せられる 専門外来」です。
科学的根拠に基づいた、「スーパーで買える食材で」「一番落としやすい肝臓から脂肪を落として」いくのです。
これまでいろいろなダイエットに着手しては続けられなかった人でも大丈夫。

肝臓先生が、まるで診察室であなたにやさしく語り掛けるように、このメソッドをお伝えします。


目次
はじめに 脂肪肝はわずか3ヵ月で改善できる

ケース1 中川由美さん
間違ったダイエットから脱却 6キロ減で脂肪肝が改善
体によいと思っていたものが実は肥満の原因だった
肝臓は、沈黙の臓器
食べすぎ、肥満が原因の脂肪肝
最初の1カ月が肝心「マイナス2キロの法則」
肝臓から脂肪を落とすには糖質を減らす
肝臓をいたわる「極意5カ条」  など

著者略歴
尾形 哲(オガタ サトシ ogata satoshi)
長野県佐久市立国保浅間総合病院外科部長、同院「スマート外来」担当医。医学博士。1995年神戸大学医学部医学科卒業、 2003年医学部大学院博士課程修了。パリ、ソウルの病院で多くの肝移植手術を経験したのち、2009年から日本赤十字社医療センター肝胆膵・移植外科で生体肝移植チーフを務める。さらに東京女子医科大学消化器病センター勤務を経て、2016年より長野県に移住。一般社団法人日本NASH研究所代表理事。2017年スタートの「スマート外来」は肥満解消と脂肪肝・糖尿病改善のための専門外来。
タイトルヨミ
カナ:センモンイガオシエル カンゾウカラシボウヲオトスショクジジュツ ヨヤクノトレナイスマートガイライノメソッド
ローマ字:senmonigaoshieru kanzoukarashibouootosushokujijutsu yoyakunotorenaisumaatogairainomesoddo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

尾形 哲 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
筑摩書房:アンドレイ・タルコフスキー 鴻英良 
講談社:小砂川チト 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。