近刊検索 デルタ

2022年10月20日発売

Gakken

0さい~3さい脳そだて おさかなちゃんと あ~そ~ぼ!

おさかなちゃん
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
黒い海に映えるあざやか色。“はじめて読むお話絵本”として定番大人気の「おさかなちゃん」から、お返事、まねっこ、数える、色、なぞる、みっけ!などの、脳を育てる遊び心いっぱいの絵本が登場。0~3さいの好奇心や想像力を育てる1冊です。人間の脳は3さいまでに土台の80%が完成するといわれています。親子で遊びながら“はじめての脳そだて”はいかがでしょう? 脳科学者、茂木健一郎監修。
茂木氏が脳科学の見地から解説したリーフレットつき。ウラ面では、企画者の古藤ゆず氏が本書を使って「脳そだてあそび」を楽しむコツを具体的に教えます!

◆◆見開きページごとに10この脳そだてメニュー◆◆
ページの順番に、やってみてもいいし、気分に合わせてページを選んでもよし! 最初はおとなのかたが、お手本を見せてあげて。

脳そだて01*おなまえ
脳そだて02*おへんじ
脳そだて03*まねっこ
脳そだて04*かぞえる
脳そだて05*なぞる
脳そだて06*なぞる
脳そだて07*あかあおきいろ
脳そだて08*みっけ
脳そだて09*みっけ
脳そだて10*なでなで


【脳科学者 茂木健一郎氏の言葉より】
本書の監修時にとびだした言葉をいくつか抜粋!

『黒い海は、可能性をはぐくむ宇宙…』
・全ページに広がる黒い背景が、視覚回路において生命の色をかがやかせる。
・海という舞台は、こどもにとって胎内環境に近く、親しみやすい場所。
・色づかい、形など、自由な表現にふれることが、想像力を育てるんだ。
・じ~っと絵を見ているとき、脳内ではどんどん変化が起きているよ。

『おとなの脳だって、成長に限界はない!』
・絵本をながめる時間は、おとなにとっても新しい驚きや喜びの連続。「こどもが反応した!」「うまくあそべた!」の成功体験が、親の脳も発達させるんだ。
・「うちの子ってこのページが好きなんだ!」という新しい発見は、脳内のドーパミンを分泌させ、新しい神経回路を形成するよ。

『こどもの脳は、おとなの動きを見て発達する』
・映像や音声よりも、ひざの上やいっしょに寝転がって聞かせる生の声こそが、効果的な学びの基本。
・おとなが、おさかなちゃんを指さしたり、楽しそうに読むと、そこへこどもの意識が向く。それは共感力が芽生える、大切な第一歩。

『おさかなちゃんが魚に見えるのは、人間の脳だけ!』
・絵と実物を結びつけて、魚だと認識できるようになるのは、人間の脳だけ。
・絵というシンボル化されたものを見て理解する訓練は、この後、文字を覚える際の基礎にもなっていく。

茂木氏の言葉は、裏表紙や、解説リーフレットでご紹介しています!
著者略歴
茂木健一郎(モギ ケンイチロウ mogi kenichirou)
茂木健一郎【監修】 脳科学者。1962年東京生まれ。東京大学理学部・法学部卒。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。 幼少期には、2つ下の妹と絵本でおうちを作って「おかしの家ごっこ」ができるほど、たくさんの絵本に囲まれた環境で育った。絵を描くのも好き。 本書の監修の際は、なぜか、水の中でゆれている海草の枝葉(!?)の数を数えることに、興味を示していた。 また、表紙や解説リーフレット用の撮影の際には、「こどものためだと思うと、なんでもできちゃうな~!」といいながら、たくさんのおちゃめなポーズをとってくれた。
ヒド・ファン・へネヒテン(ヒド ファン ヘネヒテン hido fan henehiten)
ヒド・ファン・へネヒテン【絵】 1957年ベルギー生まれ。 1998年に最初の絵本『Rikki』で、ハッセルト市国際絵本賞を受賞。さらに最高の児童図書のイラストレーターに贈られる「最優秀絵本リーダーズ・ダイジェスト賞」や、オランダで2度の「今年の絵本」にも選ばれた。 多数のベストセラー作品は、世界50か国以上で翻訳出版。ベルギーを代表する絵本作家である。 来日したこともあり、日本オリジナル企画である本書の製作に際して理解を示し、惜しみないアドバイスをしてくれた。 『おさかなちゃん』シリーズの原作である『Klein wit visje』シリーズは2022年現在25言語以上に翻訳され、世界中で愛されている。その中でも日本語版シリーズは、売上部数ダントツトップを誇る。
古藤ゆず(コトウユズ kotouyuzu)
古藤ゆず【企画・構成】 佐賀県生まれ。出版社で編集の仕事を経て独立。乳幼児向けの本の企画、執筆を手がける。60万部超の『おさかなちゃん』シリーズ、大人気『うさぎちゃんのねるまええほん』シリーズ(学研プラス)で翻案を担当。『おさかなちゃん』シリーズの「改訳新版」では、原作の絵や文の魅力や読者ママパパの声を改めて研究し「旧版」とはひと味ちがう表現をつむぎだしている。 本書は『おさかなちゃん』の題材や世界観を大事にしながら、子だけでなく親までも脳育の可能性を探った、日本オリジナルの企画。
古藤ゆず(コトウユズ kotouyuzu)
タイトルヨミ
カナ:ゼロサイカラサンサイノウソダテ オサカナチャントアソボ
ローマ字:zerosaikarasansainousodate osakanachantoasobo

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

Gakkenの既刊から
さのかける/著・イラスト 丸山宗利/監修
重野知央/著・編集 金丸和富/著 加藤俊徳/著 和田秀樹/著 阿部康二/著 菊地幸夫/著 ほか
算数星人(カワタケイタ)/著
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:D.P.Kroese 金森敬文 
論創社:岡崎広樹 
以文社:デヴィッド・グレーバー 藤倉達郎 
原書房:高尾栄司 
palmbooks:赤染晶子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。