近刊検索 デルタ

2022年12月15日発売

Gakken

出版社名ヨミ:ガッケン

織田信長 新時代を呼んだ戦国の風雲児

新時代を呼んだ戦国の風雲児
学研まんが 日本と世界の伝記
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
群雄割拠の戦乱の世を、駆け抜けるがごとく生きた武将・織田信長。彼は間違いなく、戦国時代を代表する人物だろう。
「尾張のうつけ殿」と呼ばれた彼のその目は、常に世界を見ていた。父の死によって織田家を継ぐと、瞬く間に尾張を統一。駿河・遠江両国を支配する大大名・今川義元との「桶狭間の戦い」では、圧倒的不利な状況下で奇襲をしかけ、勝利。このことで天下に名をとどろかせた信長は、さらに勢力を拡大し、次々と各国を従えていく。
その快進撃のひみつは、信長自身の先見の明に他ならない。
過去の慣習にこだわらない柔軟さ、新しい武器・鉄砲をいち早く戦術に取り入れ、またキリスト教の力を使って敵対する宗教勢力の力を削ぎ、残酷なまでに徹底的に焼き払う……一方で海外貿易を重視し、「楽市・楽座」によって経済を発展させる。好戦的なようで、冷静かつ効率的な彼の手法は、それまでにない、新しい世界を開いていった。
「戦国三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)」の中で最も激しい最期を遂げたのもまた、彼のカリスマ性を示しているように思えてくる。
そんな戦国の風雲児・織田信長の生涯を、オールカラーでまんが化。 巻末には年表や関連人物などの資料も満載で、この本できっと新たな織田信長の魅力をみつけられるはず!
著者略歴
山田圭子(ヤマダケイコ yamadakeiko)
タイトルヨミ
カナ:オダノブナガ
ローマ字:odanobunaga

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

Gakkenの既刊から
宮野公樹/監修
国際最強王図鑑協会/編集
佐藤晃子/著 伊野孝行/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
KADOKAWA:やまもとりえ 
成文堂:長谷川貞之 
風媒社:溝口常俊 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。