近刊検索 デルタ

2018年7月20日発売

講談社

算額タイムトンネル 2

講談社タイガ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
幕末と現代を結ぶ奇妙な“算額”。天才数学少女の真鍋波瑠は、幕末の和算家・橘実信との算法対決により歴史を改変してしまう。
代償は親友・千明が持つ波瑠の記憶と、タイムトンネルの消失。実信は、時を越えた好敵手である波瑠へと繋がる唯一の手がかり
ーー数式の謎を解くため革命前夜のフランスへと留学する。ふたりの数学者の知恵と願いが交錯するとき、信じられない奇跡が!?
著者略歴
向井 湘吾(ムカイ ショウゴ)
1989年、神奈川県生まれ。東京大学卒業。神奈川県立湘南高等学校在学中、日本数学オリンピック予選にてAランクを受賞し、本選に出場。『お任せ! 数学屋さん』で第2回ポプラ社小説新人賞を受賞、2013年に作家デビュー。他の著書に『トリプル・ゼロの算数事件簿』(ポプラポケット文庫)『リケイ文芸同盟』(幻冬舎文庫)など多数。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。