近刊検索 デルタ

2018年10月12日発売

講談社

なぜ私は一続きの私であるのか ベルクソン・ドゥルーズ・精神病理

講談社選書メチエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
オートポイエーシスという閉じた系の身体でありながら、意識が立ち上がるに際しては外部に連結する開口部を持たなければならないという矛盾。意識という現象はいったい何なのか。脳の働きとの関係はどうなっているのか。それは「私」という一続きの事態をどう成立させているのか。脳科学研究が「意識」の物質への還元を方向付ける趨勢に反駁したベルクソン、さらにドゥルーズの理論を参照し「私」の立ち上がる現場に迫る。


私の身体と私の意識。身体の生はオートポイエーシスという閉じた系であるのに、意識はそのつどの神経ネットワークを物質的基盤としつつも「私」が立ち上がるに際しては外部へと連結する開口部を持たなければならないという矛盾。脳科学研究が「意識」の物質への還元を方向付けるなか、20世紀初めにはベルクソンが反駁の理論を打ち立てた。
意識という現象はいったい何なのか。脳の働きとの関係はどうなっているのか。それは「私」という一続きの事態をどう成立させているのか。
精神病理学者である著者が、さまざまな症例を引き、ベルクソン・ドゥルーズの理論を参照しながら、「私」の立ち上がる現場を突き詰めていく。
著者略歴
兼本 浩祐(カネモト コウスケ kanemoto kousuke)
1957年生まれ。京都大学医学部卒業。現在、愛知医科大学医学部精神科学講座教授。専門は精神病理学、神経心理学、臨床てんかん学。 著書に『脳を通って私が生まれるとき』(日本評論社)、『心はどこまで脳なのだろうか』『てんかん学ハンドブック』(医学書院)、『専門外の医師のための大人のてんかん入門』(中外医学社)、詩集『世界はもう終わるときが来たというので』『深海魚のように心気症を病みたい』『ママちゃりで僕はウルムチに』(東京図書出版)など。
タイトルヨミ
カナ:ナゼワタシハヒトツヅキノワタシデアルノカ ベルクソンドゥルーズセイシンビョウリ
ローマ字:nazewatashihahitotsuzukinowatashidearunoka berukusondoゥruuzuseishinbyouri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
斉藤洋/著 宮本えつよし/著 田名網敬一/著 脇田明日香/著
藤本和典/写真 小倉優香/著
本日のピックアップ
日本能率協会マネジメントセンター:松永博樹 内山正悟 
草思社:スティーブン・ピンカー 橘明美 坂田雪子 
コロナ社:長名優子 石畑宏明 菊池眞之 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。