近刊検索 デルタ

2020年7月3日発売

講談社

講談社 学習まんが 日本の歴史(3) 仏教の時代

講談社 学習まんが
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
最新にして受験に役立つ!
今こそ「学びたい」「伝えたい」私たちの国の歴史

◎講談社の学習まんが、ここがすごい!

1 受験には情報量!「受験対応力がすごい!」
  〇「カリスマ講師」スタディサプリの伊藤賀一先生、絶賛!
2 最新の研究を反映!「監修者がすごい!」
3 面白いから読みたくなる!「漫画家がすごい!」

講談社 学習まんが 日本の歴史 第3巻(全20巻)

監修者:遠藤 慶太(皇學館大学文学部教授)
漫画家:井上 正治 代表作:『マラソンマン』

「御仏の光で国中を照らしたい」。
あいつぐ飢饉や天災。聖武天皇は、民衆を救うため巨大な仏像の造営を決意する。

<収録内容>
第13話 「平城京遷都」
都を平城京に移し律令による強大な国をめざす藤原不比等の前に、ある僧が……。

第14話 「長屋王の変」
新たな権力者となった長屋王。しかし、藤原四子が権力闘争を仕掛ける。

第15話 「大仏造営」
災害、疫病……。不安な世の中を仏の力で救うため大仏がつくられる。

第16話 「鑑真の渡日」
唐でも指折りの高僧の鑑真が、危険を冒してまで伝えたかったものとは?

第17話 「藤原仲麻呂の独裁」
聖武天皇亡きあと女性の孝謙天皇の時代。再び権力をめぐる争いがはじまる。

第18話 「女帝と道鏡」
僧でありながら異例の出世をした道鏡に皇位につけというお告げがくだる?

<監修者のことば>
 奈良の大仏といえば、日本人なら誰もが知っていることでしょう。
奈良時代は、この巨大な金銅仏がつくられた時代です。
律令という法典にもとづく政治がおこなわれ、
国際色豊かな天平文化が花開いた平城の都――奈良を訪れるときは、
現在も発掘調査が続く平城宮跡をぜひ訪れてください。
約8000人の官僚が勤務したみやこの日常は、
木簡などの新たな史料にめぐまれて、いきいきとよみがえってきます。
地方と都城、日本と外国をいきかう人・モノは絶えることなく、
なかには遠く西域や波斯の香りさえ漂っていました。
大仏はこれら多彩な群像を見守ってきたのです。
 本巻では平城京の光と影を、最新の研究成果によって描きます。
著者略歴
井上 正治(イノウエ マサハル inoue masaharu)
福岡県出身。 代表作に『マラソンマン』『POLICEMAN』(いずれも講談社)などがある。2013年より東京工芸大学芸術学部マンガ学科講師に就任。
遠藤 慶太(エンドウ ケイタ endou keita)
1974年兵庫県生まれ。 大阪市立大学文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在は皇學館大学文学部教授。日本古代史を専攻。著書に『平安勅撰史書研究』(皇學館大学出版部)、『日本書紀の形成と諸資料』(塙書房)、『六国史――日本書紀に始まる古代の「正史」』(中公新書)などがある。
講談社(コウダンシャ koudansha)
タイトルヨミ
カナ:コウダンシャ ガクシュウマンガ ニホンノレキシ(3) ブッキョウノジダイ
ローマ字:koudansha gakushuumanga nihonnorekishi(3) bukkyounojidai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
堂場瞬一/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:望月文夫 
大蔵財務協会:椎谷晃 
草思社:山口真一 
ロングセラーズ:池口恵観 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。