近刊検索 デルタ

2019年12月27日発売

星海社

生まれてきたことが苦しいあなたに 最強のペシミスト・シオランの思想

星海社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ペシミズムとは「生きる知恵」である

「ペシミストたちの王」シオラン。この陰鬱な思想家の思索と執筆は、つねに厭世的なことがらに捧げられてきた。怠惰、死、自殺、憎悪、衰弱、病気、人生のむなしさ、生まれてきたことの苦悩……。ことほどさように、シオランは「暗い」。しかし、あるいはだからこそ、彼の清々しいほどに暗い言葉の数々は、生まれ生きることに苦しみを抱く私たちが人生を楽にし、生き延びるために役に立つ。本書は、気鋭のシオラン研究者が、彼の言葉と時に批判的に伴走しながらその思想をひもといた、待望のモノグラフである。いまこそ読まれるべき、魅惑的な思想家のすべて。
著者略歴
大谷 崇(オオタニ タカシ ootani takashi)
1987年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学第一文学部総合人文学科哲学専修卒業。同大院文学研究科人文科学専攻哲学コース博士後期課程在籍中。2018年よりルーマニア国立バベシュ・ボヤイ大学に留学中。戦間期ルーマニア思想史およびシオランの思想を専門とする。おもな著作に、共著『交域する哲学』(月曜社、2018年)、論文「精神の敵対者としての政治:戦間期ルーマニア若手知識人の「政治」および「精神」概念の分析」(『東欧史研究』第41号、2019年3月)などがある。
タイトルヨミ
カナ:ウマレテキタコトガクルシイアナタニサイキョウノペシミスト・シオランノシソウ
ローマ字:umaretekitakotogakurushiianatanisaikyounopeshimisuto・shiorannoshisou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

星海社の既刊から
TYPE-MOON/原著 TAKOLEGS/著 九十九/著 染宮すずめ/著 逢坂たま/著 ほか
小川隆行/著・編集 ウマフリ/著・編集
陸秋槎/著 稲村文吾/翻訳 鈴観/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。