近刊検索 デルタ

2019年3月27日発売

講談社

内田篤人 悲痛と希望の3144日

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ドイツ、ブラジル、日本…内田篤人の8年半を綴るノンフィクション。フットボーラ―内田篤人を巡る数々の事件を新証言とともに描く。日本代表・アントラーズ・シャルケのチームメイトやスタッフ、代理人、妻……。新証言から見えてくる、これまでの人物像を覆す内田篤人とは――。内田篤人の31回目の誕生日に届ける、アスリートの真髄を詰め込んだ一冊。


2010年にドイツ・ブンデスリーガの強豪、シャルケへと移籍、不動の地位を確立。
日本人初のチャンピオンズリーグ4強入りなど、日本サッカー界にその名を刻んでいる内田篤人。

しかし、彼のサッカー人生は、彩られた“栄光”だけでなく、もがき、そして苦しみ抜いた“怪我”を抜きに語ることはできない。

ドイツでの活躍と苦闘、ブラジル&ロシアW杯への悲壮なる決意、Jリーグ・鹿島アントラーズへの電撃復帰と主将就任……。

本書は、2010年夏の渡独から2019年冬の著者了戒美子氏への直電まで、内田篤人の3144日を、彼を取り巻く人物の目線も交えながら描いたノンフィクションだ。

日本代表・アントラーズ・シャルケのチームメイトやスタッフ、代理人、妻……。
新証言から見えてくる、これまでの人物像を覆す内田篤人とは――。

内田篤人の31回目の誕生日に届ける、アスリートの真髄を詰め込んだ一冊。

◇目次
第一章 10-11シーズン「無我夢中で駆け抜ける」
第二章 11-12/12-13シーズン「開かれるキャラクター」
第三章 13-14シーズン「高まる市場価値、膝の負傷」
第四章 14-15シーズン「避けられぬ不協和音」
第五章 15-16シーズン「手術とリハビリ」
第六章 16-17シーズン「一応の復帰」
第七章 17年夏「ドイツでの再起」
第八章 17-18シーズン前半「ベルリン、冬」
第九章 18シーズン「最後のあがき」
第十章 19年冬「新たなるスタート」

内田篤人(うちだ・あつと)
1988年3月27日、静岡県生まれ。2006年、清水東高校から鹿島に入団。10年夏にドイツ・ブンデスリーガのシャルケへ移籍、1シーズン目に日本人初のCLベスト4進出を果たした。怪我で苦しみながらもシャルケで7年、ウニオン・ベルリンで半年プレーし、18年に鹿島へと復帰。19年から主将に就任している。日本代表デビューは08年。14年ブラジルW杯では全3試合でフル出場した。J1通算136試合出場3得点。ブンデスリーガ1部通算104試合出場1得点。ブンデスリーガ2部通算2試合出場。日本代表通算74試合出場、2得点。
目次
第一章 10-11シーズン「無我夢中で駆け抜ける」
第二章 11-12/12-13シーズン「開かれるキャラクター」
第三章 13-14シーズン「高まる市場価値、膝の負傷」
第四章 14-15シーズン「避けられぬ不協和音」
第五章 15-16シーズン「手術とリハビリ」
第六章 16-17シーズン「一応の復帰」
第七章 17年夏「ドイツでの再起」
第八章 17-18シーズン前半「ベルリン、冬」
第九章 18シーズン「最後のあがき」
第十章 19年冬「新たなるスタート」
著者略歴
了戒 美子(リョウカイ ヨシコ)
1975年、埼玉県生まれ。岡山、神奈川、ブリュッセル、大阪など各地で育ち、94年に埼玉県立大宮高等学校、98年に日本女子大学文学部史学科を卒業。2001年よりサッカーの取材を開始し、03年ワールドユース(現・U-20W杯)UAE大会取材をきっかけにライターに転身。サッカーW杯4大会、夏季オリンピック3大会を現地取材。11年3月11日からドイツ・デュッセルドルフ在住。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
日経BP:増田智明 
第一法規:能見善久 加藤新太郎 
共立出版:MoranCerf ManuelGarcia-Garcia 福島誠 ほか

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。