近刊検索 デルタ

2019年6月12日発売

講談社

日本語の焦点 日本語「標準形」の歴史 話し言葉・書き言葉・表記

講談社選書メチエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「スタンダード」とは本来は標準語のことである。しかし、「標準語」というと、たいていは、明治以降の「標準語」を思い浮かべるだろう。現在、アナウンサーがしゃべっている言葉、東京山の手の言葉などと言われるあの言葉だ。
ところが、本書では、江戸期以来、一貫して「話し言葉の標準形態」つまり「標準語」があったと考えている。これを、一般にイメージされる「標準語」と区別して「標準形(ルビ:スタンダード)」と呼ぼう。
書き言葉にも、標準形があった。これも、歴史をたどれば、室町時代までさかのぼる。
書き言葉を書く際の表記にも、標準形はあった。
これも、明治維新と供に成立したものではない。いわゆる、仮名遣いの問題である。
時折言われるように、歴史的仮名遣いは正しいのだろうか。
いや、江戸期には、もっと多様で柔軟な表記を許すスタンダードがあった。

このようにして、「スタンダード」と言うことを軸として、本書は話し言葉、書き言葉、仮名遣いの歴史に分け入っていく。
豊饒な言葉の世界を堪能してください。
著者略歴
野村 剛史(ノムラ タカシ nomura takashi)
タイトルヨミ
カナ:ニホンゴノショウテン ニホンゴスタンダードノレキシ ハナシコトバカキコトバヒョウキ
ローマ字:nihongonoshouten nihongosutandaadonorekishi hanashikotobakakikotobahyouki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
堂場瞬一/著
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
氏家道男/著
本日のピックアップ
経済産業調査会:吉田親司 
シーエムシー出版:寺尾啓二 池田宰 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。