近刊検索 デルタ

2019年8月8日発売

講談社

ふみきり かんかんくん

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
小さい子が大好きな「踏切」。それが主人公になった、今までにない絵本です。
 月刊幼児誌「げんき」の好評連載から生まれました。1~3歳の読み聞かせに最適です。

 ふみきりのかんかんくんには、シャー、ダンキー(遮断機)という二人の妹がいます。
 「ぼくたち ふみきり 3きょうだい。」から始まる、ちいさなおはなしを5話。

〈「げんき」読者の感想より〉
「ふみきりが家の近くにあるので、本人も『あ、カンカンだ!!』とわかったみたいで、親子の会話が増えました」(お子さん2歳9ヶ月)
「息子はふみきりが大好き!! 『かんかんくん』を見て、それまで泣いていたのも一瞬で泣き止むほどクギぐけになって見ていました」(お子さん1歳8ヶ月)
「田舎なので列車も踏切も見る機会はほとんどありませんが、とても気に入ったようです。げんきを見ていないときにも、突然『わたしシャー。わたしダンキー』と言ってきます」(お子さん3歳2ヶ月)
著者略歴
斉藤 洋(サイトウ ヒロシ saitou hiroshi)
1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他の作品に、「ペンギン」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ(以上講談社)、「白狐魔記」シリーズ(偕成社)、「西遊記」シリーズ(理論社)などがある。
武田 美穂(タケダ ミホ takeda miho)
東京生まれ。絵本に『となりのせきのますだくん』(絵本にっぽん賞、講談社出版文化賞絵本賞)に始まる「ますだくん」シリーズ、『ふしぎのおうちはドキドキなのだ』(絵本にっぽん賞)、『すみっこのおばけ』(日本絵本賞読者賞、けんぶち絵本賞グランプリ・以上ポプラ社)、『ありんこぐんだんわはははははは』、『どーんちーんかーん』『たいふうのひ』(講談社)など。挿絵に「ざわざわ森のがんこちゃん」シリーズ、『憲法くん』(講談社)、「カボちゃん」シリーズ(理論社)、「こぶたのぶうぶ」シリーズ(教育画劇)、『我輩は猫である』(ほるぷ出版)、などがある。
タイトルヨミ
カナ:フミキリカンカンクン
ローマ字:fumikirikankankun

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

本日のピックアップ
シーエムシー出版:寺尾啓二 池田宰 
大蔵財務協会:川田剛 
中西出版:玉山和夫 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。