近刊検索 デルタ

2019年7月12日発売

講談社

ヒト、犬に会う 言葉と論理の始原へ

講談社選書メチエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人間は自分たちだけで文明への階梯を上がって来たのではない。
一万五〇〇〇年前、東南アジアいずれかの川辺での犬との共生。
ニッチを見出す途上にあったお互いの視線の重なりが、
弱点を補完し合い、交流を促し、文明と心の誕生を準備した。
オオカミは人間を振り返らないが、犬は振り返る。
人間は幻想や感情で判断するが、犬は論理的に判断する。
犬は人の言葉を理解し、人の心を読み、人の窮地を救う――
人間と犬、運命共同体としての関係の特異性と起源を探る。
目次
序 章 イノシシ猟の衝撃
第一章 犬への進化
第二章 イヌ、ヒトに会う
第三章 犬の力
第四章 「ことば」はどのように生まれたか
第五章 こんなことが信じられるか?
著者略歴
島 泰三(シマ タイゾウ)
1946年生まれ。東京大学理学部人類学教室卒業。日本野生生物研究センター主任研究員、ニホンザルの生息地保護管理調査団主任調査員などを経て、現在、日本アイアイ・ファンド代表。理学博士。アイアイの保護活動への貢献によりマダガスカル国第5等勲位「シュバリエ」を受ける。 著書に『アイアイの謎』『親指はなぜ太いのか』『ヒト』『サルの社会とヒトの社会』『はだかの起原』など。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
斉藤洋/著 宮本えつよし/著 田名網敬一/著 脇田明日香/著
斉藤洋/著 森田みちよ/著
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
西田幸樹/写真
川上泰樹/著 伏瀬/原著 みっつばー/著
本日のピックアップ
第一法規:公立学校施設法令研究会 
丸善出版:日本認知・行動療法学会 
北大路書房:E.A.ウィルヘルムス V.F.レイナ 竹村和久 高橋英彦 
国書刊行会:勝又基 木越俊介 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。