近刊検索 デルタ

2020年2月13日発売

講談社

人生は苦である、でも死んではいけない

講談社現代新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人生は苦。それでも生きる。日々、生きづらさを感じているすべての人へ。ベストセラー『嫌われる勇気』の著者が送る力強いメッセージ!
人生は苦しい。苦しいこともあれば、楽しいこともある、ではなく、本来的に人生とは苦しいもの。それゆえ仏教は「生老病死」の苦しみを説き、聖書は人生を嘆きの谷になぞらえる。でも、それでも死んでしまうのではなく、この事実を認め、受け入れた上で生きていこう。いじめられている人も、会社でハラスメントを受けている人も、死んでしまうのではなく、とにかく生きよう。どんなに孤独に思えても、かならずどこかに「仲間」はいる。だから絶望することなく、希望を持って生きてゆこう。人生を「生きる」ことが、この世に生を受けたすべての人に課された課題だから。
仏教、キリスト教、ギリシア哲学--いにしえの知恵をたずね、アドラー心理学、三木清の『人生論ノート』など、さまざまな思想に学び、築き上げた、岸見一郎の総決算としての人生論!
目次
はじめに
第1章 人生は苦である
第2章 病
第3章 老い
第4章 「有用性」に意味はない
第5章 死は忘れてもいい
第6章 死んではいけない
第7章 他者との結びつき
第8章 今ここを生きるために
おわりに
著者略歴
岸見 一郎(キシミ イチロウ kishimi ichirou)
岸見一郎 (きしみ いちろう) 1956年生まれ。哲学者、心理学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。奈良女子大学文学部非常勤講師などを務める。専門のギリシア哲学研究と並行してアドラー心理学を研究。ベストセラー『嫌われる勇気』(古賀史健との共著、ダイヤモンド社)のほか、『アドラー 人生を生き抜く心理学』(NHKブックス)、『生きづらさからの脱却 アドラーに学ぶ』(筑摩選書)『一七歳の特別教室 哲学人生問答』(講談社)など多数の著書がある。
タイトルヨミ
カナ:ジンセイハクデアル、デモシンデハイケナイ
ローマ字:jinseihakudearu、demoshindehaikenai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
LUCKMAN/写真
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
エイドリアン・ウォールワーク/著 前平謙二/翻訳 笠川梢/翻訳
本日のピックアップ
大蔵財務協会:大林督 
大蔵財務協会:梶野研二 
北大路書房:大串健吾 桑野園子 難波精一郎 小川容子 谷口高士 中島祥好 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。