近刊検索 デルタ

2020年7月10日発売

講談社

ヨーロッパ世界の誕生 マホメットとシャルルマーニュ

講談社学術文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「地中海世界」の没落と「ヨーロッパ世界」の誕生、その背後で決定的役割を果たしたイスラムへの着眼ーー。歴史家が晩年の20年に全情熱を傾けたテーマ。ピレンヌの集大成にして、世界的に参照され続けている古典的名著、待望の文庫化!

目次
監修者序文 
序文 
第1部 イスラム侵入以前の西ヨーロッパ
1.ゲルマン民族侵入後の西方世界における地中海文明の存続
2.ゲルマン民族侵入後の経済的社会的状況と地中海交通
3.ゲルマン民族侵入後の精神生活
結論 

第2部 イスラムとカロリング王朝
1.地中海におけるイスラムの伸展
2.カロリング家のクーデターとローマ教皇の同家への接近
3.中世の閉幕
結論
著者略歴
ピレンヌ アンリ(ピレンヌ アンリ pirennu anri)
アンリ・ピレンヌ 1862-1935年。ベルギーのヴェルヴィエ生まれの歴史家。リエージュ大学でヨーロッパ中世史を専攻。ライプチヒ大学、ベルリン大学に留学。1886年にベルギー・ガン大学教授となる。全ヨーロッパ的視野で、中世の都市および商工業のあり方に重点をおく社会経済史を中心に研究。邦訳に『中世都市:社会経済史的試論』(講談社学術文庫)など。
佐々木 克巳(ササキ カツミ sasaki katsumi)
1931年生まれ。成蹊大学名誉教授。2013年逝去。
中村 宏(ナカムラ ヒロシ nakamura hiroshi)
1930年生まれ。上智大学経済学部名誉教授。2000年逝去。
増田 四郎(マスダ シロウ masuda shirou)
1908年生まれ。一橋大学名誉教授。1997年逝去。
タイトルヨミ
カナ:ヨーロッパセカイノタンジョウ マホメットトシャルルマーニュ
ローマ字:yooroppasekainotanjou mahomettotosharurumaanyu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
斉藤洋/著 杉浦範茂/著
堂場瞬一/著
風野潮/著 Nardack/著
本日のピックアップ
ロギカ書房:伊藤俊一 
大蔵財務協会:小原清志 
東京大学出版会:藤垣裕子 小林傳司 塚原修一 平田光司 中島秀人 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。