近刊検索 デルタ

2020年10月8日発売

講談社

馬鹿と嘘の弓 Fool Lie Bow

講談社ノベルス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
 探偵は匿名の依頼を受け、ホームレス青年の調査を開始した。対象は穏やかで理知的。危険のない人物と判断し、嵐の夜、街を彷徨う彼に声をかけた。その生い立ちや暮らしぶりを知るにつれ、何のために彼の調査を続けるのか、探偵は疑問に感じ始める。
 青年と面識のあった老ホームレスが、路上で倒れ、死亡した。彼は、1年半まえまで大学で教鞭を執っていた元教授で、遺品からは青年の写真が見つかった。それは依頼人から送られたのと同じものだった。
著者略歴
森 博嗣(モリ ヒロシ mori hiroshi)
1957年愛知県生まれ。工学博士。 1996年『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。 怜悧で知的な作風で人気を博する。 犀川創平と西之園萌絵の「S&Mシリーズ」瀬在丸紅子の「Vシリーズ」ほか「Xシリーズ」「Gシリーズ」(すべて講談社文庫)などシリーズ作品多数。 講談社タイガ収録の「Wシリーズ」「WWシリーズ」で描かれる未来は、予言的でもある。 エッセィや新書なども数多く執筆。
タイトルヨミ
カナ:バカトウソノユミ フール ライ ボウ
ローマ字:bakatousonoyumi fuuru rai bou

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
安本由佳/著 山本理沙/著
西田幸樹/写真
本日のピックアップ
シーエムシー出版:森川敏生 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか
みすず書房:ロラン・バルト 三好郁朗 
技術評論社:リンクアップ著小川ひとみ監修 
コロナ社:電子情報通信学会 益一哉 天川修平 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。