近刊検索 デルタ

2020年12月2日発売

講談社

絵本 はたらく細胞  ばいきんvs.白血球たちの大血戦!

講談社の創作絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
アニメも大人気、累計450万部を突破する超ベストセラーとなった、体内細胞擬人化漫画『はたらく細胞』。
その数一人あたり、およそ37兆個。
細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある。

人体を科学する大人気マンガが、ついに、楽しみながら学べる絵本になりました!

・ けがをしたときって、細胞たちはどんなことをしているの?
・ 肺炎にかかったときって、細胞たちは、ばい菌とどうやってたたかっているの?

赤血球と白血球のはたらきについての解説もありますので、わかりやすく体の中について知ることができます。マンガ原作ならではのテンポのよいおはなしを読んでいくことで、からだの不思議について理解できる絵本です。
著者略歴
牧村 久実(マキムラクミ makimurakumi)
6月13日生まれ、東京都出身。デビュー以来、多くの漫画、さし絵を手掛ける。とりわけ小林深雪先生の小説の挿絵は100冊を超え、名コンビとして知られる。著作に『夢みることは やめられない』(講談社KCデザート)など。
清水 茜(シミズ アカネ shimizu akane)
第27回少年シリウス新人賞大賞受賞後、「月刊少年シリウス」にて『はたらく細胞』を連載中。
タイトルヨミ
カナ:エホンハタラクサイボウ バイキンブイエスハッケッキュウタチノダイケッセン
ローマ字:ehonhatarakusaibou baikinbuiesuhakkekkyuutachinodaikessen

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
安藤広樹/写真 宮地真緒/著
堂場瞬一/著
豆柴の大群/著 熊木優/写真
もうすぐ発売(1週間以内)
技術評論社:高橋正和 荒木粧子 池上美千代 岡田良太郎 唐沢勇輔 北澤麻理子 ほか
平凡社:長岡美代 
双葉社:春野恵 
アリス館:ともながたろ なかのひろみ 
光文社:佐々木功 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。