近刊検索 デルタ

2020年11月11日発売

講談社

復讐の協奏曲

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
私の仕事は無罪にすることで、
真相を明らかにすることではない。

御子柴が元〈死体配達人〉だと知る
事務員・洋子が殺人容疑で逮捕された。

大人気「御子柴弁護士シリーズ」衝撃の最新刊!
12ヶ月連続刊行企画 第11弾!

一度心に巣くった獣は簡単に消えはしない――
めぐる因縁そして〈復讐〉の結末は!?

三十年前に少女を惨殺した過去を持つ弁護士・御子柴礼司。
事務所に〈この国のジャスティス〉と名乗る者の呼びかけに応じた八百人以上からの懲戒請求書が届く。
処理に忙殺されるなか事務員の洋子は、外資系コンサルタント・知原と夕食をともに。
翌朝、知原は遺体で見つかり、凶器に残った指紋から洋子が殺人容疑で逮捕された。
弁護人を引き受けた御子柴は、洋子が自身と同じ地域出身であることを知り…….。


著者略歴
中山 七里(ナカヤマ シチリ nakayama shichiri)
中山七里(なかやま・しちり) 1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。2011年刊行の『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』が各誌紙で話題になる。本作は『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』『追憶の夜想曲(ノクターン)』『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』『悪徳の輪舞曲(ロンド)』から続く「御子柴弁護士」シリーズの第5作。2020年はデビュー10周年企画として前代未聞の単行本12ヶ月連続刊行中。
タイトルヨミ
カナ:フクシュウノコンチェルト
ローマ字:fukushuunokoncheruto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
堂場瞬一/著
和多田アヤ/写真 福田明日香/著
TakeoDec./写真 桃月なしこ/著
ここあ/著 teffish/著
もうすぐ発売(1週間以内)
双葉社:十条アラタ 
PHP研究所:田牧大和 
KADOKAWA:サラブレ編集部 
集英社:出水ぽすか 白井カイウ 
フレーベル館:やなせたかし トムス・エンタテインメント 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。