近刊検索 デルタ

6月23日発売予定

講談社

束の間の一花(2)

KCデラックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
高校2年の春に医師から余命2年の宣告を受けていた千田原一花。
それから3年、大学2年になった一花はいつ終わるともしれない命を抱えたまま漠然と過ごしていていた。

そんなある日、以前想いを寄せていた元哲学講師・萬木昭文を見かけたことで一花の生の時間が動き始める。

何も言わずに大学を去った萬木先生との再会を機に、精一杯のアプローチを試みる一花。
しかし彼もまた不治の病を抱えていたことを知ってしまう。

一花のために、自分から遠ざけようとする先生。
困惑しながらも「それでもあなたと一緒にいたい」と懇願する一花。

自身の病を隠しながら先生との距離を縮めていく一花だったが、余命僅かであることを彼に知られてしまい――。

はかない生を歩む一花と、静かに消えていこうとする先生の、束の間の恋の物語。
著者略歴
タダノ なつ(タダノ ナツ tadano natsu)
2018年『ゆくゆくふたり』で商業デビュー。 高い画力で描かれる画面づくりとキャラクターの軽快なやりとりが特徴。 他に『束の間の一花』(Palcy)がある。
タイトルヨミ
カナ:ツカノマノイチカ2
ローマ字:tsukanomanoichika2

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
パブロ・ヒダルゴ/著 コール・ホートン/著 ダン・ゼア/著 富永和子/翻訳 富永晶子/翻訳
武井宏之/著・原著 ジェット草村/著 鵺澤京/著
もうすぐ発売(1週間以内)
みらいパブリッシング:北山建穂 
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
講談社:はっとりひろき 
光文社:有馬美季子 
東洋経済新報社:山脇秀樹 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。