近刊検索 デルタ

5月21日発売予定

講談社

藤井聡太論 将棋の未来

講談社+α新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「天才は天才を知る」。レジェンドが迫る巨大な才能の秘密。
AIの登場以降、大きく変貌する将棋界。そこに現れた若き天才・藤井聡太。
14歳2ヵ月・史上最年少のプロデビュー後、衝撃の29連勝から始まり、史上最年少でのタイトル獲得など、次々と記録を塗り替えていく彼のすごさとは? 人間はどこまで強くなるのか?
その謎を、史上最年少名人位獲得の記録を持つレジェンドが、自らの経験を交えながら、さまざまな角度から解き明かすとともに、多士済々の頭脳集団が切磋琢磨し、進化しつづける将棋の魅力を伝える。

第一章 進化する藤井将棋
    ケタ外れの「頭の体力」・棋士も経験する「ゾーン」状態・時間配分をコントロールする etc.

第二章 最強棋士の風景 
    谷川・羽生の両方を持っている・トップ棋士の研究量・シビアな勝負師に徹して etc.
    
第三章 不動のメンタル
    負けん気と平常心の両立・記録ではなく、強くなること・最年少名人記録は破られるか etc. 

第四章 「将棋の神様」の加護
    羽生世代が起こした序盤革命・苦手意識をどう克服するか・恐ろしいほどの強運 etc.

第五章 「面白い将棋」の秘密
    勝った相手に楽をさせない・将棋は学業にも役に立つ・盤面をイメージせず読む・強さの源泉は詰将棋にあり etc. 

第六章 AI革命を生きる棋士
    人間と異なる形勢判断・強さとAIは関係ない・自分で考えなければ強くなれない・一局で一手研究が進む時代・五十代の戦い方 etc.
 
第七章 混沌の令和将棋
堅さよりもバランス重視・トップ棋士に求められる受けの力・美学に反した手を見直す etc.


著者略歴
谷川 浩司(タニガワ コウジ tanigawa kouji)
タイトルヨミ
カナ:フジイソウタロン ショウギノミライ
ローマ字:fujiisoutaron shouginomirai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
武井宏之/著・原著 ジェット草村/著 鵺澤京/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:堂場瞬一 
幻冬舎:横田慎太郎 
東洋経済新報社:山脇秀樹 
光文社:有馬美季子 
青春出版社:清水建二 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。