近刊検索 デルタ

2021年10月8日発売

講談社ビーシー

新型コロナ ワクチンよりも大切なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ワクチンを打った人、打っていない人、ワクチンに迷いがある人、必見! 3回目の接種も現実味をおびるなか、私たちは新型コロナワクチンとどう付き合っていくべきか。その答えがここにある!

感染の「本当の原因」は私たち自身にある。ワクチンにすべてを託すのではなく、「免疫力」と「抵抗力」「解毒力」を生活のなかで高めていくために私たちが見つめ直すこと――。著書は、栃木県那須烏山市の自然派医師で、アメリカ・NIH(アメリカ国立衛生研究所)出身のウイルス学研究者。自然に沿った暮らしを実践するなかでの、「自己軸」からの感染対策のすべてを網羅しました。ワクチンという「他者軸」に頼るのでなく自己の内面の力「自己軸」により、感染の恐怖から身を守るための一冊です。

〈著者メッセージ〉
本書には大きく4つの狙いがあります。

1=新型コロナに対しての「認識のズレ」を正す
新聞、テレビなどメディアの影響により、「コロナ恐怖症」にいたっている人がとてもたくさんいます。それらを理性的に解消するために、厚生労働省をはじめとするオープンデータなどから明確に示しました。

本書を読めば、必要以上の不安に駆られている人、そのために活動を制限したり、経済的に困窮したりしている人、本当の意味で生きる楽しみを失ってしまっている人に希望を与えられると思います。本書は読者のみなさんを不安に陥れるような情報ではなく、何よりも必要な安心を与えられるものだと思います。

2=ワクチンについて、正確な情報をつかみ、考えてほしい

ワクチンについては、「ワクチンに関する決まり」「打つかどうかは、自分の意思で決める」「ワクチンの歴史的意味」「ワクチンの必要性について」から、「その効果」「副作用」「接種の影響として考えられること」「自然感染との違い」など、これまでに私が書いたことのない視点も含めて記しました。

「本当はワクチンを受けたくないのに、同調圧力で受けざるを得ない。なんとかならないでしょうか……」という問い合わせが、毎日のように寄せられます。現在の「同調圧力が強い世の中」では、自分の意思を示すためには強い説得力が必要になります。そんなときに、本書の内容を順序だてて説明すれば、ワクチンを強制されることも、強制することもなくなる内容になっていると思っています。

3=免疫という体のしくみを知る
4=あらゆる対策は、「他者軸」のものから、「自己軸」への転換が大切

新型コロナウイルス感染症も含めた、あらゆる病気の本当の原因は、自分自身にあります。新型コロナウイルスの感染流行は、そうした内なる力を見つめ直すきっかけでもあるのです。
目次
第1章 新型コロナの感染流行で私たちが見過ごしてきたこと

日本の陽性者は100万人を突破し、
死亡者も1万5000人超……。
新型コロナ2年目の「実像」と、見過ごしてきた「5つの誤解」

日々伝えられる「陽性者」と「感染者」の誤解。
PCR検査でウイルスが検出されると「陽性」となるが、
じつは、そのまま「感染」ということではない

感染とは「生きたウイルス」が細胞内に入ること。
たとえ気道に入っていたとしても、
気道細胞の異物を排除する作用が強ければ、感染にいたらない

新型コロナウイルスをもらっても発症しないことの意味と、
発症しても重症化しないことの意味。
ウイルスをもらった側の免疫力によって決まる

検査数を増やすことで陽性者数も増えるPCR検査。
ウイルスの遺伝子を増幅する回数の指標「Ct値」を
限界まで上げている可能性も

日々公表される感染者数に一喜一憂しない。
増え続ける死亡者数も
「新型コロナウイルス関連死」の可能性がある

変異株に対する誤解。ウイルスとは日常的に変異し続けるもの。
感染力が高いものへ変異しても、
重症化度や致命率の上昇と関係しているとは限らない

日本じゅうのほぼ全員がマスクをしていても
いまだに感染流行がおさえられない謎。
どうやらマスクの効果は「あったとしても、わずか……」

マスクの健康への悪影響もあきらかに。
子どものマスク使用では、
身体、行動、学習、情緒のすべてに障害が表れている

第2章 ワクチンを打つということ

日本で使用が特例承認された3種類のワクチン。
海外での臨床試験結果を評価しているため、
国内での臨床試験例は200例規模

新型コロナワクチンの接種開始後159日間での
「副反応疑い報告」は、わずかに0.03%。
「3866人にひとり」とは、実態からかけ離れていないか

新型コロナワクチンの接種後に亡くなった人は、
1000人以上。接種1000万回あたり約89人という報告数は、
インフルエンザワクチンの50倍ほど

総接種回数1億2000万回を超えた新型コロナワクチン。
「受けるメリットがデメリットを上まわる」と思えば受ければいい
「デメリットがメリットを上まわる」と思えば受けなければいい

ワクチンを受ける前に「注意すべきこと」
1=ワクチンに関する決まり(法律や憲法)
あくまで任意であり、義務ではない。本人の意思を尊重する

ワクチンを受ける前に「注意すべきこと」
2=ワクチンを打つかどうかは、自分の意思で決める
「みんなが受けているから……」という選択は避ける

ワクチンを受ける前に「注意すべきこと」
3=ワクチンの歴史的意味
生命にかかわる感染症の制圧は、公衆衛生の向上によるもの ほか

第3章 新型コロナと免疫力
第4章 不自然な生活をあらためて自然治癒力を引き出す
著者略歴
本間 真二郎(ホンマ シンジロウ honma shinjirou)
本間 真二郎(ほんま しんじろう) 医師。七合(ななごう)診療所所長。1969年、北海道札幌市に生まれる。札幌医科大学医学部を卒業後、札幌医科大学附属病院、道立小児センター、旭川赤十字病院などに勤務。2001年より3年間、アメリカのNIH(アメリカ国立衛生研究所)にてウイルス学、ワクチン学の研究に携わる。帰国後、札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長に就任。2009年、栃木県那須烏山市に移住し、現在は同市にある「七合診療所」の所長として地域医療に従事しながら、自然に沿った暮らしを実践している。家族は妻と一男一女。近著に『感染を恐れない暮らし方 新型コロナからあなたと家族を守る医食住50の工夫』(講談社ビーシー/講談社)、『病気にならない食と暮らし』(講談社ビーシー)などがある。
タイトルヨミ
カナ:シンガタコロナ ワクチンヨリモタイセツナコト
ローマ字:shingatakorona wakuchinyorimotaisetsunakoto

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
東京化学同人:稲葉章 
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。