近刊検索 デルタ

2021年12月2日発売

講談社

錬奏技巧師見習いの備忘録

講談社ラノベ文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
人類の未来であり希望――赤子たちが永遠に失われた終末の世界。
二一四三年。彗星落下の影響で、人類全ての遺伝子情報が変質し、生殖機能の消失という未曾有の事態――“最後の審判”が発生した。
そして、人類は絶望の運命へと抗うために、古の禁忌に手を出す。
『人が神に代わり人を錬奏する巧みなる技――“錬奏技巧”』
神の御業を操り、《ホムンクルス》に命を吹き込み、人ならざる新たな人類を生む科学者たち。
人々は彼らを“錬奏技巧師”と呼んだ。
“最後の審判”から七年後の春。
錬奏技巧師見習いの東雲鏡は、五年前に死亡した大切な幼馴染の櫻花に似た少女――白雪と出会う。
出会いは偶然か、運命か――今、空白のページに物語が彩られる。
著者略歴
三止 十夜(ミツドメ トオヤ mitsudome tooya)
藤実 なんな(フジミ ナンナ fujimi nanna)
タイトルヨミ
カナ:レンソウギコウシミナライノビボウロク
ローマ字:rensougikoushiminarainobibouroku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
砂原浩太朗/著
佐藤裕之/写真
ヴァランヤ・チョーベー/著 成田悠輔/翻訳・監修 布施雄士/翻訳

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。