近刊検索 デルタ

2021年11月4日発売

講談社

筑紫哲也『NEWS23』とその時代

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
かつて、日本にはこんなに自由で、一本背骨の通ったニュース番組があったーー。

TBS『筑紫哲也 NEWS23』キャスターとして、日本の報道番組の新たな地平を切り開いた男が亡くなってから、今年で13年の時が過ぎた。「とかく一つの方向に流れやすいこの国で、少数派であることを恐れないこと」。最後の放送で噛みしめるように語った稀代のジャーナリストは、何を見て、何を考えていたのか。忌野清志郎、鴻上尚史、小澤征爾ら各界の文化人との交流、生涯の同志となった立花隆との共闘、そして「力の強いもの、大きな権力」を監視することへの強い意志。番組編集長として、在りし日の筑紫の姿を間近で見ていた著者が、関係者への膨大なインタビューをもとに振り返る。「頭をあげろ!」。世の中が混沌とする今だからこそ、筑紫の生き様はいっそう胸に響く。

筑紫さんといえば鋭い切り込みをしながら、顔は微笑んでいる、その表情が忘れがたい。
今こそ筑紫哲也の話を聞きたい、金平さんのそういう思いは僕もおおいに共鳴している――坂本龍一(音楽家)

●各章タイトル●
 第1章「二度目のプロポーズだから受けざるを得なかったんだよ」
 第2章 要は、何でもありということ
 第3章 君臨すれども統治せず(ただし例外あり)
 第4章 たたかう君の歌を たたかわない奴らが笑うだろう
 第5章 遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけん
 第6章 筑紫さんがこぶしを振り上げて歌った
 第7章 沖縄を愛し、沖縄を最後の旅先に選んだ
 第8章 「旗を立てる意志」について僕が知っている二、三のことがら
 第9章 「政治部失格」だが「人間失格」では、断じてない
 第10章 「党派性で、人を区別して、つきあいたくないんだ」
 第11章 触媒としてのジャーナリスト
 第12章 タウンホールミーティングの時代
 第13章 「私の人生、百八十度、変わりましたよ」
 第14章 中国トップと市民の直接対話
 第15章 阪神淡路大震災報道、その失意と責務
 第16章 世界が変わった日
 第17章 番組内でのがん告知と、家族との残された時間
 第18章 『筑紫哲也 NEWS23』の最も長い日
 第19章 『筑紫23』に馳せ参じたJNNの「つわものども」
 第20章 『筑紫哲也NEWS23』で縦横に動き回った立花隆さんについて
 第21章 演劇空間としてニュース番組
 第22章 「『NEWS23』のDNA」〈伝承〉をめぐって
 第23章 「頭をあげろ!」


著者略歴
金平 茂紀(カネヒラ シゲノリ kanehira shigenori)
ジャーナリスト。テレビ報道記者、キャスター。早稲田大学大学院客員教授。1953年北海道生まれ。東京大学文学部卒。1977年にTBS入社。以降、報道局社会部でロッキード事件の取材を担当したのを皮切りに、モスクワ支局長、ワシントン支局長、『筑紫哲也NEWS23』編集長、報道局長、執行役員などを歴任。2010年より『報道特集』のメインキャスター。『テレビニュースは終わらない』『抗うニュースキャスター』など著書多数
タイトルヨミ
カナ:チクシテツヤ ニュース23トソノジダイ
ローマ字:chikushitetsuya nyuusu23tosonojidai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

講談社の既刊から
前川裕/著
文縞絵斗/著
斉藤慶子/著 野村誠一/写真
三止十夜/著 藤実なんな/イラスト
もうすぐ発売(1週間以内)
東洋経済新報社:城田真琴 
第三書館:高島利行 
集英社:堂場瞬一 
現代書館:インティ・シャベス・ペレス みっつん 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。