近刊検索 デルタ

2022年4月4日発売

東京ニュース通信社

出版社名ヨミ:トウキョウニュースツウシンシャ

胎内記憶図鑑

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
絵本作家・のぶみ×産婦人科医・池川明による、胎内記憶を話せる子6000人から聞いて描いた“胎内記憶の絵本”決定版。

巻末には、絵本作家のぶみ×池川 明(池川クリニック院長 医学博士)胎内記憶図鑑スペシャルインタビューを収録。1999年より「胎内記憶」に関する研究を始め、国内外の第一人者として知られる池川 明先生を迎え、絵本作家のぶみが胎内記憶を話す子どもたちの謎に迫ります。6000人もの子どもたちの証言から見えてくる愛の真実とは?

◎衝撃的な胎内記憶との出合い

◎胎内記憶を話す子どもたち

◎胎内記憶を話さない子どもは?

◎胎内記憶の上手な聞き方とは

◎胎内記憶の維持年齢

◎子どもの愛を受け取ること

◎胎内記憶を子育てに活かす
著者略歴
のぶみ(ノブミ nobumi)
絵本作家。1978年、東京都生まれ。累計60万部を超える『ママがおばけになっちゃった!』シリーズ(講談社)をはじめ、『ぼく、仮面ライダーになる!』シリーズ(講談社)や、『しんかんくん』シリーズ(あかね書房)など、多数の著書を手掛ける。NHK Eテレ『みいつけた!』では、「おててえほん」コーナーのイラストを担当。フォロワー9万人を超えるInstagramでも作品を日々投稿し、幅広く活動中。近著に『3ぷんでねむくなるえほん』『パンタン6ぴき いうこときかない』『きみはすばらしい いまのアリとキリギリス』(すべて発行:東京ニュース通信社 発売:講談社)がある。絵本作家のぶみオンラインサロン(https://nobumi-official.jimdofree.com/onlinesalon/)も好評開催中。
池川 明(イケガワ アキラ ikegawa akira)
医学博士。1954年、東京都生まれ。帝京大学医学部卒。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、1989年、横浜市金沢区に出産を扱う有床診療所・池川クリニックを開設。2001年9月、全国保険医団体連合医療研究集会で『胎内記憶』について発表し、それが新聞で紹介され話題となる。現在は外来診察の傍ら、胎内記憶を広めるための講演活動とセミナーを行っている。2017年に一般社団日本胎内記憶教育協会を立ち上げ、代表理事を務める。『ママのおなかを選んできたよ』(二見書房)など、著書多数。
タイトルヨミ
カナ:タイナイキオクズカン
ローマ字:tainaikiokuzukan

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

東京ニュース通信社の既刊から
のぶみ/著 池川明/著・監修
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:山岸伸 歩りえこ 
一般社団法人高等教育開発研究所:出光直樹 宮本俊一 河村振一郎 
SBクリエイティブ:成田悠輔 
大誠社:嶋伏ろう 梅澤夏子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。