近刊検索 デルタ

2022年5月25日発売

星海社

出版社名ヨミ:セイカイシャ

思考の庭のつくりかた はじめての人文学ガイド

星海社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
あなたの人生をよりよく仕立てるための人文学ガイド!

本書の狙いは、読者のあなたを「人文知」、いわゆる文系の学び方や考え方に招待することです。文化や芸術が好きで、深く作品を楽しめるようになりたい。人文書や哲学書を使って、世界の物事を鋭く捉えてみたい。でも、ちゃんとした教養を得るのは難しそう─そんなあなたのために、本書では立教大学文学部で教鞭を執る批評家が、人文知の山を登るコツや基礎知識をご紹介します。既存の価値観が崩壊し続ける流動的な「今」を生きるため、ものの見方や考え方を更新する技法としての人文知は、一生ものの教養としてあなたの人生を助けてくれるはずです。あなたの思考を解放する「知」への第一歩を、この本と一緒に踏み出しましょう!

*以下、本書目次
はじめに ――考える心のセットアップ
第一章 読 書 ――読んで書くためのヒント
第二章 批 評 ――考える《庭》を作る
第三章 言 葉 ――まずはニュートラルに話そう
第四章 近 代 ――われわれはどんな時代に生きているか
第五章 歴 史 ――急所が分かれば十分
第六章 芸 術 ――「力」との接触
あとがき
付録ブックリスト 「二〇代の自分に読ませたい本」二〇選
著者略歴
福嶋 亮大(フクシマ リョウタ fukushima ryouta)
批評家。1981年、京都府生まれ。立教大学文学部准教授。2010年に『神話が考える ネットワーク社会の文化論』(青土社)でデビューし、日本近現代の文学や思想を主な対象としながらサブカルチャーや中国近現代の文学や思想まで横断的に、広範な射程で批評家としての活動を展開している。『復興文化論 日本的創造の系譜』(青土社)でサントリー学芸賞を受賞、『厄介な遺産 日本近代文学と演劇的想像力』(青土社)でやまなし文学賞を受賞するほか、著書に『らせん状想像力 平成デモクラシー文学論』(新潮社)、『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』(講談社)などがある。
タイトルヨミ
カナ:シコウノニワノツクリカタハジメテノジンブンガクガイド
ローマ字:shikounoniwanotsukurikatahajimetenojinbungakugaido

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

星海社の既刊から
北山猛邦/著
伊吹亜門/著 久賀フーナ/イラスト
円居挽/著 青崎有吾/著 斜線堂有紀/著 日向夏/著 相沢沙呼/著 麻耶雄嵩/著
柴田勝家/著 望月けい/イラスト

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。