近刊検索 デルタ

2022年8月4日発売

講談社

出版社名ヨミ:コウダンシャ

キーウの月

講談社の翻訳絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ウクライナ・キーウの月は、わたしたちが見上げている月と同じ月。世界的作家・ロダーリの絵本を、ウクライナ救援のために緊急出版。
著者略歴
ジャンニ・ロダーリ(ジャンニ・ロダーリ janni・rodaari)
1920年生まれ、1980年没。イタリアの作家、詩人、教育者。1970年、国際アンデルセン賞を受賞。20世紀イタリアで最も重要な児童文学者、国民的作家とされている。『チポリーノの冒険』『青(あお)矢号(やごう) おもちゃの夜行列車』『うそつき国のジェルソミーノ』『空にうかんだ大きなケーキ』『羊飼いの指輪 ファンタジーの練習帳』『猫とともに去りぬ』『ランベルト男爵は二度生きる サン・ジュリオ島の奇想天外な物語』。『パパの電話を待ちながら』と『緑の髪のパオリーノ』(ともに講談社)などがある。
ベアトリーチェ・アレマーニャ(ベアトリーチェ・アレマーニャ beatoriiche・aremaanya)
1973年、イタリア・ボローニャ市生まれ。イタリアのISIA(Istituto Superiore per le Industrie Artistiche)を卒業。パリ在住。 2007年、『Un lion a Paris』でボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞し、ホワイトレイブンズ(The White Ravens)に選定される。2010年には、国際ブックフェア「Salone internazionale del libro」のNational Prizeを受賞。これまでに30冊以上の児童書を手がけ、英語、韓国語、日本語、中国語、スペイン語、ドイツ語、ギリシャ語、ポルトガル語などに翻訳されている。ジャンニ・ロダーリを、「自分にとって精神的な父親」のひとりとしている。
内田 洋子(ウチダ ヨウコ uchida youko)
1959年、兵庫県神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノアソシエイツ代表。ジャーナリスト。 2011年、『ジーノの家 イタリア10景』(文藝春秋)で日本エッセイスト・クラブ賞・講談社エッセイ賞を同時受賞。2019年にウンベルト・アニェッリ記念 ジャーナリスト賞、2020年に金の籠賞受賞。著書に、『皿の中に、イタリア』(講談社文庫)『十二章のイタリア』(創元ライブラリ)『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(文春文庫)『デカメロン2020』(方丈社)などがある。また、ロダーリ作品『パパの電話を待ちながら』『緑の髪のパオリーノ』『クジオのさかな会計士』(すべて講談社)の翻訳を手がけている。
タイトルヨミ
カナ:キーウノツキ
ローマ字:kiiunotsuki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ザ・殺人術
人の殺し方を本にしていいのか

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。