近刊検索 デルタ

2024年1月15日発売

講談社

出版社名ヨミ:コウダンシャ

裏切り者の中国史

講談社学術文庫
講談社学術文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
復讐に取り憑かれた伍子胥、人心を操り権力に固執した王莽、女のために国を売った呉三桂……。極め付きの裏切り者たちが行き着く先は? 『史記』『戦国策』『三国志』『世説新語』等の史料から、歴史を動かした個性溢れる悪漢たちを描き切る。春秋時代から明末清初まで、二五〇〇年にわたって興亡の絶えない中国をかき回した反逆者たちの数奇な人生。中国古典の第一人者・井波律子氏による評伝集にして、中国史・中国文学のファン必携の一冊。【主な登場人物】・母国の君主に父兄を殺され、敵国の呉に奔った伍子胥(ごししょ)・品行方正を装い、世論を操作して王朝を簒奪した王莽(おうもう)・三世代かけて国を滅亡させた諸葛亮のライバル司馬懿(しばい)・貴族に出し抜かれ、皇帝になりそこなった繊細な桓温(かんおん)・反乱を引き起こすも、夢半ばで息子に殺された安禄山(あんろくざん)・英雄を処刑したため、中国史上最も忌み嫌われた秦檜(しんかい)・恋人を奪われて激怒し、身を売り国をも売った呉三桂(ごさんけい)ほか、呉起、始皇帝、商鞅、張儀、蘇秦、趙高、則天武后、楊貴妃、項羽、劉邦、諸葛亮、永楽帝、朱元璋、李自成など多数。【目次】はじめに第1章 復讐の鬼――伍子胥第2章 自立するコスモポリタン――戦国時代のパフォーマー第3章 頭でっかちの偽善者――王莽第4章 持続する裏切り――司馬懿第5章 気のいい反逆者――王敦と桓温第6章 危険な道化――安禄山第7章 極め付きの「裏切り者」――秦檜第8章 恋に狂った猛将――呉三桂年表参考文献あとがき
著者略歴
井波 律子(イナミ リツコ inami ritsuko)
タイトルヨミ
カナ:ウラギリモノノチュウゴクシ
ローマ字:uragirimononochuugokushi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
緑の書 リビアのカダフィ大佐の理論
2011年10月20日、カダフィ大佐は殺された

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。