近刊検索 デルタ

2024年1月16日発売

講談社

出版社名ヨミ:コウダンシャ

蔦重

講談社文庫
講談社文庫
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
蔦重の最高傑作「東洲斎写楽」はなぜ一瞬にして消えたのか?細谷正充さん絶賛!――吉森大祐、長篇だけでなく短篇の名手でもあったのか。  喜びと悲しみ、希望と絶望、令和の日本人と変わらぬ人間の姿がここにある。喜多川歌麿、東洲斎写楽、恋川春町、山東京伝、曲亭馬琴……鋭い閃きと大胆な企てで時代を切り開いた稀代の出版プロデューサー・蔦屋重三郎が世に送り出した戯作者や絵師たち。江戸の精華として誰もが知る彼らの人生の栄光と悲哀を描いた、連作短編集。
著者略歴
吉森 大祐(ヨシモリ ダイスケ yoshimori daisuke)
タイトルヨミ
カナ:ツタジュウ
ローマ字:tsutajuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
シネシネナンデダ日記
本物の狂気はあんまり格好よくないです(著者)

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。