近刊検索 デルタ

2024年1月15日発売

講談社

出版社名ヨミ:コウダンシャ

情報哲学入門

講談社選書メチエ
講談社選書メチエ
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
私たちは「情報」なしで暮らすことはできません。スマホでニュースを確認する、メールやラインをチェックする。改札を電子マネーの端末で通り抜け、車内では画面に映る広告や駅名を見る。そして会社に着けば……といったように、あらゆる場所に、無数の形で情報はあふれています。では、そもそも情報とは何でしょうか? 一昔前のように言語をモデルに理解するのでは、医療現場での生体反応データから宇宙空間における周波数データまでをすべて「情報」として捉えることはできません。つまり、それが何かをよく理解していないまま私たちは情報なしではありえない生活を送るようになっているのです。本書は、こうした現状の中で「情報という問い」に正面から取り組みます。カーツワイル、ボストロム、テグマークを通して技術との関係の中で「人間」とは何かを確認し、マカフィーとブリニョルフソン、ズボフを通して社会の中での情報がもつ機能を捉え、フクヤマ、ハラリ、サンデルを通して政治との関わりを考察します。その上で改めて「情報」というものを哲学的に規定し、情報をめぐる課題を整理します。最先端の議論の見取り図を得られるばかりか、そこから得られる知見を整理し、日常にどう役立てるのかまで示してくれる本書は、これまでになかった1冊と断言できます。[本書の内容]序 章 情報という問い第I部 情報がもたらす未来第1章 情報と技術の未来一 カーツワイルのポスト・ヒューマン論二 ニック・ボストロムのスーパーインテリジェンス論三 マックス・テグマークの生命システム論第2章 情報と経済の未来一 マカフィーとブリニョルフソンによる第二のマシン・エイジ二 ショシャナ・ズボフの監視資本主義第3章 情報と政治の未来一 フランシス・フクヤマと「テクノロジーの政治学」二 マイケル・サンデルと「守るべき美徳」三 ユヴァル・ノア・ハラリと「自由主義の擁護」第II部 情報哲学の現在第4章 情報の分析哲学一 第一哲学としての情報哲学二 機械情報の振る舞いを把捉するための情報概念の再定義三 情報技術を再定義し、情報化された環境における生の条件を問う四 知能とは何かを再定義する第5章 情報の基礎づけ一 生命情報、社会情報、機械情報二 情報とは何か三 情報学が揺さぶる哲学的思考四 情報論的転回は大文字のパラダイムチェンジか五 シグナルの存在論、シンボルの存在論第6章 人工知能の身体性第III部 情報の実践マニュアル第7章 世界のセッティング第8章 社会のセッティング第9章 「人間」のセッティング
目次
はじめに
序 章 情報という問い
第I部 情報がもたらす未来
第1章 情報と技術の未来
一 カーツワイルのポスト・ヒューマン論
二 ニック・ボストロムのスーパーインテリジェンス論
三 マックス・テグマークの生命システム論
第2章 情報と経済の未来
一 マカフィーとブリニョルフソンによる第二のマシン・エイジ
二 ショシャナ・ズボフの監視資本主義
第3章 情報と政治の未来
一 フランシス・フクヤマと「テクノロジーの政治学」
二 マイケル・サンデルと「守るべき美徳」
三 ユヴァル・ノア・ハラリと「自由主義の擁護」
第II部 情報哲学の現在
第4章 情報の分析哲学
一 第一哲学としての情報哲学
二 機械情報の振る舞いを把捉するための情報概念の再定義
三 情報技術を再定義し、情報化された環境における生の条件を問う
四 知能(インテリジェンス)とは何かを再定義する
第5章 情報の基礎づけ
一 生命情報、社会情報、機械情報
二 情報とは何か――パターンのパターン
三 情報学が揺さぶる哲学的思考
四 情報論的転回は大文字のパラダイムチェンジか
五 シグナルの存在論、シンボルの存在論
第6章 人工知能の身体性
第III部 情報の実践マニュアル
第7章 世界のセッティング
第8章 社会のセッティング
第9章 「人間」のセッティング

文献一覧
あとがき
著者略歴
北野 圭介(キタノ ケイスケ kitano keisuke)
タイトルヨミ
カナ:ジョウホウテツガクニュウモン
ローマ字:jouhoutetsugakunyuumon

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。