近刊検索 デルタ

2022年9月16日発売

集英社

出版社名ヨミ:シュウエイシャ

歴史から学ぶ 相続の考え方

集英社新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
日本では相続事例の実に8割が“争族"になっているという。
そのため、巷には損をしない、トラブルにならないための “相続ハウツー本" があふれているのだが、
そもそも「相続」とは何なのかを考えたことはあるだろうか。
相続を遺産分割・財産分与というお金の面だけ考えるせいで、争いごとが起こるのではないだろうか。
本書はこの「相続という行為」を、根本的な考え方や歴史、先人たちの例を引きながら、幅広く解説していく。
これを読めば、家族や一族の法的立場や関係性、税の歴史、徳川家康から太宰治、田中角栄など先人の相続話、
相続税と贈与税の存在理由と違い、次世代に遺すべきものは何か…相続のいろいろな側面が見えてくる。
「死に様は生き様」と言うが、相続は死に際して、その人の「人生を映し出す鏡」となるのである!

神山敏夫(かみやま としお)
一九四一年、東京生まれ。
中央大学在学中に会計士補開業登録。
一九六九年に公認会計士及び税理士登録。
大手監査法人で上場会社の監査、中堅企業の株式公開支援、中小企業の事業承継や経営相談などに従事。
東京家庭裁判所調停委員として二〇年に亘り奉職。公認会計士試験委員をはじめ、各省の委員会委員に任命される。
郵政民営化に当たって検討委員会委員を務める。
オイスカ、警察協会、日本相撲協会等の監事、日本公認会計士協会監事、中央大学評議員などを歴任。

著者略歴
神山 敏夫(カミヤマ トシオ kamiyama toshio)
タイトルヨミ
カナ:レキシカラマナブ/ソウゾクノカンガエカタ
ローマ字:rekishikaramanabu/souzokunokangaekata

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
ハイリスク・ノーリターン
公安のスパイ、山口祐二郎とは何者か

-- 広告 -- AD --

もうすぐ発売(1週間以内)
学 文 社 (GAKUBUNSHA):三上真寛 
ブティック社:シンゴルフプリンセス 
みらいパブリッシング:佐々木文彦 
五月書房新社:佐藤章 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。