近刊検索 デルタ

2020年2月19日発売

小学館

アサシン クリード チャイナ

サンデーGXコミックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
世界的ゲーム、待望のコミカライズ!!

西暦1526年、中国は「明(ミン)」と呼ばれる大帝国が支配していた。それまで繁栄を続けていた明であったが、時の皇帝による大粛清の嵐が吹き荒れ、混迷を見せ始める。
敵対する「テンプル騎士団」に属する宦官たちにより仲間を全て殺害され、中国最後のアサシンとなった少女、シャオ・ユン。一人ヨーロッパに逃れていた彼女は、厳しい修行を経た末に祖国へ舞い戻る――それは復讐のため、そして……

世界的ゲームメーカー、ユービーアイソフトと小学館がタッグを組み、大ヒットタイトル『アサシン クリード』シリーズより『クロニクル チャイナ』を完全コミカライズ! 作画は自身も「アサシン クリードの大ファン」と語り、同時連載となる『薬屋のひとりごと-猫猫の後宮謎解き手帳-』(原作・日向夏/主婦の友インフォス)が160万部(電子版含む)を超える大ヒット中の倉田三ノ路。全世界を巻き込む物語が今、幕を上げる!!

【編集担当からのおすすめ情報】
大ヒットゲーム『アサシン クリード』漫画版の筆を執るのは『薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~』(原作:日向夏/主婦の友インフォス)が160万部(電子版含む)を超える大ヒット中の倉田三ノ路氏。中国が舞台となる作品のスペシャリストである倉田氏は「いつかアクション漫画を描きたい」と夢見ていたとのこと。

この作品で夢を叶えた倉田氏は、ただゲームのストーリーをなぞっているだけではありません! 原作ゲームファンは更に驚き、ゲームを未プレイの読者も楽しめる展開をぜひご覧ください。『薬屋のひとりごと-猫猫の後宮謎解き手帳-』最新7集と同時発売で『アサシン クリード チャイナ』第1集が登場です!!
著者略歴
ユービーアイソフト(ユービーアイソフト yuubiiaisofuto)
倉田 三ノ路(クラタ ミノジ kurata minoji)
タイトルヨミ
カナ:アサシン クリード チャイナ
ローマ字:asashin kuriido chaina

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
松尾清貴/著
DMMGAMES/原著 熊谷純/著 市瀬まゆ/著
えろき/原著 コノシロしんこ/イラスト
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
技術評論社:イーディーエル株式会社 平塚知真子、井上勝 青山司、島袋海 真鍋博美 
学文社:角南なおみ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。