近刊検索 デルタ

2022年7月21日発売

小学館

出版社名ヨミ:ショウガクカン

いっしょにいるよ―子どもと裁判に出た犬 フランとハッシュの物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
傷ついた子どもたちに寄り添う付添犬の物語 2020年8月、性虐待被害を受けた幼い子どもが、裁判で証言をする際の精神的負担を和らげるために「付添犬」を伴って出廷するという画期的な取り組みがなされました。その出来事は、盲導犬をのぞき、犬が法廷に立った日本初のケースとして、さまざまな新聞・テレビでも取り上げられました。「付添犬」とは、虐待や性被害によって傷ついた子どもたちのストレスや不安を軽減するため、児童相談所などの面会やセラピー、子どもに関する裁判などに付き添う犬のことです。子どもたちと関わってきた弁護士・医師・獣医師などの大人たちがなんとかして子どもたちを助けたいと、手を取り合い、悪戦苦闘しながらこの「付添犬」制度を立ち上げる実話をもとにした感動ストーリーです。 【編集担当からのおすすめ情報】 誰のことも信じられなくなった傷ついた子どもたちに「ひとりじゃないよ」と犬を通じて手をさしのべ続けた大人たち、そして、その手をつかんだ子どもたちさらにその子たちに寄り添った犬たちの汗と涙がつまっている物語です。
著者略歴
涌井 学(ワクイ マナブ wakui manabu)
NPO法人子ども支援センターつなっぐ(エヌピーオーホウジンコドモシエンセンターツナッグ enupiioohoujinkodomoshiensentaatsunaggu)
タイトルヨミ
カナ:イッショニイルヨコドモトサイバンニデタイヌフラントハッシュノモノガタリ
ローマ字:isshoniiruyokodomotosaibannidetainufurantohasshunomonogatari

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

-- 広告 -- AD --

小学館の既刊から
ミヒャエル・エンデ/著 ヴィーラント・フロイント/著 木本栄/翻訳 junaida/イラスト
江口心/イラスト とらふぐ/原著
夏井いつき/著
もうすぐ発売(1週間以内)
講談社:荒木あかね 
ベースボール・マガジン社:髙橋藍 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。