近刊検索 デルタ

2021年8月4日発売

小学館

ドラえもん科学ワールド 未来をつくる生き物と技術

ビッグ・コロタン
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
生き物たちから教わる最新科学!

まんがと解説で楽しく科学を学ぶ人気シリーズ「ドラえもん科学ワールド」。 今回は、動植物の姿や能力、その仕組みをまねて物作りをする技術「バイオミメティクス」を取り上げます。
環境問題への対策が急務となっている今、このバイオミメティクスに大きな期待が寄せられています。一見難しそうですが、例えばスポンジ、電球や新幹線の形も、バイオミメティクスの一種。人は昔から、動植物を観察し、その能力や仕組みを技術で再現してきたのです。
この本では、動植物の驚異の能力と、その仕組みを応用することで誕生したさまざまなテクノロジーを紹介します。研究中の技術も多数掲載。ドラえもんのまんがを楽しみながら最新技術を学び、未来へのヒントを一緒に探しましょう!

[内容](目次より一部抜粋)

・面ファスナーのもとになったのは植物の実だった!
・ザトウクジラの胸びれを風力発電に!?
・そのひみつは肌にあり! 泳ぎ上手なサメ
・永遠の色彩を手に入れろ! モルフォチョウ
・相手に気づかれずコッソリ血を吸う蚊の口
・筋肉がなくても動く植物たち
・手足や内臓も復活するかも!? iPS細胞……ほか多数。

【編集担当からのおすすめ情報】
長い時間をかけて作り上げられた自然の仕組みをまねするバイオミメティクスは、省エネ・省資源を実現できる技術として注目されています。この本は、生き物たちの驚くべき力と、それをどうやって技術化したのかを楽しみながら学べる本です。
動植物にはたくさんの「超技術」がひめられています。ぜひこの本でその一端に触れていただければと願っています。
著者略歴
藤子・F・ 不二雄(フジコ エフ フジオ fujiko efu fujio)
藤子プロ(フジコプロ fujikopuro)
高分子学会バイオミメティクス研究会(コウブンシガッカイバイオミメティクスケンキュウカイ koubunshigakkaibaiomimetikusukenkyuukai)
NPO法人 バイオミメティクス推進協議会(エヌピーオー バイオミメティクス enupiioo baiomimetikusu)
タイトルヨミ
カナ:ドラエモンカガクワールド ミライヲツクルイキモノトギジュツ
ローマ字:doraemonkagakuwaarudo miraiotsukuruikimonotogijutsu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

もうすぐ発売(1週間以内)
プレジデント社:
星海社:Cygames CLAMP 小野ミサオ かめれおん おえかきえんぴつ ほか
朝日新聞出版:伊坂幸太郎 
白夜書房:紺野貴子 小林美咲 米本英美 
日本実業出版社:中川右介 
ジャムハウス:弁護士法人戸田総合法律事務所 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。