近刊検索 デルタ

2018年12月13日発売

小学館

神の汚れた手

P+D BOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
命の“尊厳と神秘”に筆でメスを入れた大作

生誕と堕胎――このふたつの医療に多くの時間を費やすのが産婦人科医の日常だ。

三浦半島で小さな産婦人科医院を営む主人公の医師・野辺地貞春は無神論者だが、自らの倫理観に基づいて淡々と治療を施していた。

“仮性半陰陽の男性”と診断された女性、やっと懐妊した子がダウン症と診断された夫婦、眼球なく生まれた赤児、そしてその静かな死――。

中絶手術の腕は名人級の主人公が日々直面する数々の患者の実態を描いて、人間誕生の意味とその神秘に鋭く斬り込んだ“衝撃の問題作”下巻。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
水木しげる/著
青島かなえ/著
永坂嘉光/著
本日のピックアップ
大蔵財務協会:廣川昭廣 舛巴啓二 林義章 
日経BP:日経ビジネス 
ミネルヴァ書房:長尾伸一 梅澤直樹 平野嘉孝 松嶋敦茂 

連載記事

発売してから、どうですか(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。