近刊検索 デルタ

10月14日発売予定

小学館

遠い地平・劉廣福

P+D BOOKS
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
著者の青春の軌跡を辿る短編集

「遠き地平」は、老境を迎えた著者が、ふとした拍子に思い出す若き日の一シーンを、臨場感たっぷりに描いた自伝的連作小説。
樺太で経験した“強制労働”、思想容疑者として満州に逃避行した話、満州での会社員生活、出征中に妻子が戦災で亡くなったことなど、いずれも味わい深い9篇の短編で構成されている。
また、満州で働いた経験から書かれた「劉広福」は、出征先の中国で芥川賞受賞の知らせを受けた秀作で、周囲から馬鹿にされていた一人の満州人が奇跡を起こす痛快な物語。
著者略歴
八木 義徳(ヤギ ヨシノリ yagi yoshinori)
タイトルヨミ
カナ:トオイチヘイ・リュウカンフウ
ローマ字:tooichihei・ryuukanfuu

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
村崎羯諦/著
イドンヒ/著 冬空/イラスト
萩原葉子/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共立出版:小泉義晴 千葉雅史 内田ヘルムート貴大 
講談社:EVILLINERECORDS 相羽紀行 百瀬祐一郎 
フォト・パブリッシング:諸河久 寺本光照 
さ・え・ら書房:黒川裕子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。