近刊検索 デルタ

2月7日発売予定

小学館

出版社名ヨミ:ショウガクカン

嘘と聖域

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
胸アツ法廷エンタメ、待望の新シリーズ始動 テネシー州プラスキ。無敵の検事長ヘレン・エヴァンジェリン・ルイスは、女子高校生が被害者となった、街の実業家によるレイプ事件の裁判に臨もうとしていた。しかし、裁判の直前にヘレンは元夫の殺人容疑で逮捕されてしまう。ヘレンはかつて、殺人容疑で起訴したことがありながら、最も信頼を寄せている弁護士ボーセフィス・ヘインズに弁護を依頼する。愛する妻ジャズと心の師トムを喪い失意の底にいたボーだが、たった一人で圧倒的不利な裁判に挑むことに。しかし事件の背後には38年間明かされることのなかった禁忌があった……。 話題の胸アツ法廷エンタメ「トーマス・マクマートリー」四部作に続く、待望の新シリーズがついに始動! 【編集担当からのおすすめ情報】 『ザ・プロフェッサー』『黒と白のはざま』『ラスト・トライアル』『最後の審判』。老弁護士トム・マクマートリーを中心に、正義を信じる者たちの闘いと友情を描いた胸アツ法廷エンタメ四部作、その中でも、最も人気の高かったキャラクター・トムの教え子にして親友の弁護士のボーを主人公にした新シリーズをお届けします。第1弾『嘘と聖域』は、前シリーズのスピリットは受け継ぎつつも、「胸アツ」だけでは終わらない著者の新たな魅力を堪能いただける作品です。ぜひ、新たな「ロバート・ベイリー」ワールドをお楽しみください。
著者略歴
ロバート・ベイリー(ロバートベイリー robaatobeirii)
吉野 弘人(ヨシノ ヒロト yoshino hiroto)
タイトルヨミ
カナ:ウソトセイイキ
ローマ字:usotoseiiki

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
一番やさしい俳句再入門
実は俳句の本をけっこう出しています

-- 広告 -- AD --

小学館の既刊から
朝倉未来/企画 永田えほん/著
時海結以/著 岩本ナオ/イラスト・原著
相場英雄/著
堂場瞬一/著
村山早紀/著
もうすぐ発売(1週間以内)
Gakken:宮野公樹 
風媒社:溝口常俊 
成文堂:長谷川貞之 
中央公論新社:安倍晋三 橋本五郎 尾山宏 北村滋 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。