近刊検索 デルタ

2019年12月19日発売

小学館

元将軍のアンデッドナイト

ガガガブックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
唸る剛剣、煌めく正義。そして因縁が……。

八賢人の一人「真理の紡ぎ手」を退けたランベールは、以前から存在を訝しく思っていたハインス教の聖都ハインスティアへと向かっていた。
その目的はハインス教が真の正義の下で力を行使しているのかを「見定める」ため。
一方で「笛吹き悪魔」たちもまた、聖都に集結しているのであった。

ハインス教、「笛吹き悪魔」、ランベール。
3つの強大な力が、この聖都で衝突する。

そしてその闘いの先に、ランベールは200年前の統一戦争時代から続く、否、己がアンデッドになった時から続く因縁そのものの残滓に出会うのであった――。
著者略歴
猫子(ネココ nekoko)
晩杯 あきら(バンパイ アキラ banpai akira)
タイトルヨミ
カナ:モトショウグンノアンデッドナイト
ローマ字:motoshougunnoandeddonaito

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
藤子・F・不二雄/原著 川村元気 涌井学/著
阿南まゆき/著
本日のピックアップ
創元社:橋爪節也 
北大路書房:大串健吾 桑野園子 難波精一郎 小川容子 谷口高士 中島祥好 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。