近刊検索 デルタ

2018年10月31日発売

小学館

ぼくたちのうた ぴっかぴかえほん

ぴっかぴかえほん
ぴっかぴかえほん
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
美しい風景に耳をすませば聞こえてくるうた

「すうーっと いきを すって、ふーっと こころを とばしたら、ほら うたが きこえてくる。」
勇気をくれる風のうた、喜びあふれる夕やけのうた、きらきら落ち葉舞うさよならのうた・・・。そして、はるかかなたの宇宙や、自分自身の内側から聞こえてくるうたにも耳をすませてみたり。聞こえてくる音色はどれも大好きだけれど、いちばん好きなのは・・・。
ありのままの心で感じる音楽を、画家・山崎優子が鮮やかな絵に写し取った美しい絵本。

巻末には、8歳の作曲家・鈴木美音(2017年第32回全日本ジュニアクラシックコンクール作曲部門最高位受賞)が、この絵本からインスピレーションを受け、ピュアな感性で書き下ろした曲も掲載。


【編集担当からのおすすめ情報】
山崎さんの絵からは音楽が聞こえるようで、美音さんの曲からは絵が見えるようで、絵と音楽は近しいものだと思います。
絵と音楽が刺激しあい共鳴するときに生まれる感動を、ぜひ味わってください。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
山本まもる/企画・イラスト もりやしげやす/著
ねこまき(ミューズワーク)/著
裕夢/著 raemz/イラスト
本日のピックアップ
コロナ社:日本塑性加工学会 栗山幸久 水越秀雄 内海能亜 加藤和明 奥出裕亮 ほか
大蔵財務協会:髙橋幸之助 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。