近刊検索 デルタ

2020年11月26日発売

小学館

さらば愛しき競馬

小学館新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
名伯楽が40年の競馬人生で体得したもの

日本馬として初めてドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ、64年ぶりに牝馬のダービー馬となったウオッカ──調教師として数々の金字塔を打ち建ててきた角居勝彦氏だけに、「厩舎解散」の報せは衝撃を持って伝えられた。

「初めて馬に触れてから40年近く、競馬の世界でお世話になりました。本書では、その間に私が見たたこと感じたこと、そして勝つために努力したこと、勝つことで確信できたことなどを綴っていくつもりです。競馬に使う側の考え方や方法論を知ることで、大いに馬券検討の参考になるはずです。競馬を支えてくださったファンの方への恩返しのつもりで(中略)正直に打ち明けました」(本書「はじめに」より)

トップステーブルはどういう基準で騎手を選んでいるのか、オーナーとのコミュニケーションは? レース選択のポイント、厩舎コメントに込められた思い、スタッフのマネジメント術から日本競馬界が抱える課題までファン垂涎「目からウロコ」の言葉の数々。週刊ポスト誌上での連載を元に大幅に加筆再構成。


【編集担当からのおすすめ情報】
常勝を誇った調教師は何を考えて動いていたか──競馬通なら引き込まれること確実の角居語録。

最多勝利調教師賞(2011年、2012年、2013年)
最多賞金獲得調教師賞(2005年、2008年、2010年、2013年、2014年)

競馬の本質をわきまえた馬券検討を可能にする一冊です。
目次
はじめに

序章 馬と過ごした40年

第1章 馬をめぐる人々

第2章 情報の読み方

第3章 馬の個性

第4章 レース

第5章 日本競馬というシステム

第6章 厩舎

第7章 GIへの思い

終章 重賞勝ち馬の想い出

あとがき
著者略歴
角居 勝彦(スミイ カツヒコ sumii katsuhiko)
タイトルヨミ
カナ:サラバイトシキケイバ
ローマ字:sarabaitoshikikeiba

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

小学館の既刊から
アンドレアス・フェーア/著 酒寄進一/翻訳
朝比奈希夜/著 榊空也/イラスト
佐野愛莉/著
角居 勝彦 最近の著作
もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
新潮社:パトリック・スヴェンソン 大沢章子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。