近刊検索 デルタ

2021年7月29日発売

小学館

ムッソリーニの正体

ヒトラーが師と仰いだ男
小学館新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ヒトラーはすべてをこの男から学んだ

経済格差やコロナ禍で世界が不安、恐怖に覆われるなか、再び独裁的な指導者の力が増している。

20世紀における独裁の象徴が、イタリアのムッソリーニだった。あのヒトラーが師と仰いだ男でもある。両者はしばしばファシストと称され、一括りに非難される。だが、その行動と思想は大きく異なる。2人の政治家はどこがどう違うのか? ナチズムとファシズムは何が異なっているのか。

ムッソリーニの思想、行動、そしてイタリア国民の熱狂の過程を詳細に辿ることで、現代社会の危うさも見えてくる。

<著者プロフィール>
舛添要一(ますぞえ・よういち)
1948年福岡県北九州市生まれ。1971年東京大学法学部政治学科卒業。パリ(フランス)、ジュネーブ(スイス)、ミュンヘン(ドイツ)でヨーロッパ外交史を研究。東京大学教養学部政治学助教授などを経て、政界へ。2001年参議院議員(自民党)に初当選後、厚生労働大臣(安倍内閣、福田内閣、麻生内閣)、東京都知事を歴任。著書に『都知事失格』、『ヒトラーの正体』など。


【編集担当からのおすすめ情報】
ベストセラー『ヒトラーの正体』(小学館新書)に続く、舛添要一氏の「20世紀の独裁研究」の書です。

ムッソリーニに関しては、ヒトラーと一括りに非難され、その実像が正確に伝えられることがありませんでした。しかし、この本によって深くその思想と行動を理解していくと、同じ独裁者といえども、ムッソリーニとヒトラーは大きく違うことがわかると思います。

さらに、ムッソリーニの思想には、21世紀に通用する先進性があったことが、本書で明らかにされます。

知的興奮に満ちた一冊です。是非、ご一読下さいませ。
著者略歴
舛添 要一(マスゾエ ヨウイチ masuzoe youichi)
タイトルヨミ
カナ:ムッソリーニノショウタイ
ローマ字:mussoriininoshoutai

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。