近刊検索 デルタ

1999-01

中央公論社

さかな海道日本海をゆく

このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
最北でタラバガニのチャンチャン焼きを、長崎五島でハコフグの味噌焼きを、伝統の浜味に思わず唸る「さかな海道二千キロ」紀行。
目次
プロローグ 五島列島から礼文島まで海流とともに
春(八角の丸み味に地ビールが似合う-北海道増毛
北の"天然生簀"噴火湾物語-北海道森 ほか)
夏(オロロン街道で舌鼓、天塩のシジミをしみじみ味わう-北海道天塩
礼文島、ウニと昆布の島便り-北海道礼文島 ほか)
秋(輪島の朝市は女の社交場-石川県輪島
海女伝説は"海のサムライ"-石川県舳倉島 ほか)
冬(日本海の旅は五島の"海の宝島"から始まる-長崎県五島列島
魚は玄界灘流儀で食べるもの-福岡県博多 ほか)
エピローグ 日本海"隠れ味"紀行
著者略歴
川嶋 康男( )
タイトルヨミ
カナ:サカナ カイドウ ニホンカイ オ ユク
ローマ字:sakana kaidou nihonkai o yuku

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論社の既刊から
小松茂美/著 島谷弘幸/著 松原茂/著
辻仁成/著
司馬遼太郎/著
大塚和夫/著 山内昌之/著 樺山紘一/著 礪波護/著 福井勝義/著 赤阪賢/著
もうすぐ発売(1週間以内)
共栄書房:宮田一郎 
日本実業出版社:谷厚志 
KADOKAWA:堂場瞬一 
KADOKAWA:横関俊材 
新潮社:パトリック・スヴェンソン 大沢章子 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。