近刊検索 デルタ

2020年6月23日発売

中央公論新社

アジア経済はどう変わったか

アジア開発銀行総裁日記
単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
21世紀は本当に「アジアの世紀」となるか。円高、円安に揺れた財務官時代から、アジアインフラ投資銀行(AIIB)出現への対応、革新的な資金拡充策に取り組んだADB総裁時代へ。世界経済のなかのアジアを見据える。
著者略歴
中尾 武彦(ナカオタケヒコ nakaotakehiko)
中尾武彦 1956年大阪府生まれ。78年、東京大学経済学部卒業、大蔵省入省。82年、カリフォルニア大学(バークレー校)経営学修士。泉大津税務署長、主税局、国際金融局、国際通貨基金(IMF)への出向、銀行局金融会社室長、財務省国際局国際機構課長、主計局主計官(外務・経済産業・経済協力担当)、国際局開発政策課長、在米国日本大使館公使、財務省国際局次長、国際局長を経て、2011年財務官に。2013年4月よりアジア開発銀行総裁(~2020年1月)。著書に国際局次長時代の『アメリカの経済政策』(中公新書、2008年)がある。その他英文での論文多数。
タイトルヨミ
カナ:アジアケイザイハドウカワッタカ
ローマ字:ajiakeizaihadoukawattaka

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
斎藤充功/著
堂場瞬一/著
堂場瞬一/著
本日のピックアップ
日本評論社:升永英俊 
学文社:角南なおみ 
技術評論社:金谷敏尊 甲元宏明 三浦竜樹 中村孝 内山悟志 舘野真人 マーク・アインシュタイン 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。