近刊検索 デルタ

2020年8月21日発売

中央公論新社

魯肉飯のさえずり

単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
母は、わたしの恥部だった――


申し分のない夫・聖司と結婚し、〈ふつう〉の幸せになじもうとするも、にわかに体と心は夫を拒み、性の繋がりも歪になっていく――密かに声を殺して生きた子ども時代の〈傷〉に気づくとき、台湾の祖母、叔母、そして異国に渡った母の一生が心を揺らす。

夫と妻、親と子それぞれの〈過ち〉を見つめる心温まる長編小説
著者略歴
温 又柔(オンユウジュウ onyuujuu)
温又柔 1980年、台湾・台北市生まれ。3歳の時に家族と東京に引っ越し、台湾語混じりの中国語を話す両親のもとで育つ。2009年「好去好来歌」ですばる文学賞佳作を受賞。15年『台湾生まれ 日本語育ち』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞、17年『真ん中の子どもたち』で芥川賞候補となった。その他の著書に『来福の家』『空港時光』、エッセイ集『「国語」から旅立って』などがある。
タイトルヨミ
カナ:ロバプンノサエズリ
ローマ字:robapunnosaezuri

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
堂場瞬一/著
斎藤充功/著
ジョン・グリシャム/著 村上春樹/翻訳
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉山成 
シーエムシー出版:森川敏生 
大蔵財務協会:樫田明 増尾裕之 
北大路書房:コーシン・ペイリー・エリソン マット・ワインガスト 小森康永 栗原幸江 ほか

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。