近刊検索 デルタ

2022年8月22日発売

中央公論新社

出版社名ヨミ:チュウオウコウロンシンシャ

孤島の飛来人

単行本
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
「飛ぶのが、怖いの?」
仕事で空を飛んで、この島にやってきた「僕」に人生2度目の決行のときが近づく。
無人のはずの北硫黄島に住む人々、戦争の記憶、看守と囚人、6色の風船……。人はなぜ飛ぼうとするのか、そして飛ぼうとしないのか。
文藝賞受賞第1作に書き下ろし「孤島をめぐる本と旅」を収録
著者略歴
山野辺 太郎(ヤマノベタロウ yamanobetarou)
山野辺太郎 1975年、福島県生まれ。宮城県育ち。東京大学文学部独文科卒業、同大学院修士課程修了。2018年、小説「いつか深い穴に落ちるまで」で文藝賞を受賞。以後、小説「孤島の飛来人」「こんとんの居場所」「恐竜時代が終わらない」を発表。
タイトルヨミ
カナ:コトウノヒライジン
ローマ字:kotounohiraijin

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

-- 広告 -- AD --

【AD】
今、注目すべき第三書館の本
泣くな、わが子よ
ノーベル賞候補であり続ける文学者の代表作

-- 広告 -- AD --

中央公論新社の既刊から
樋口恵子/著
ジョージ・オーウェル/著 吉田健一/翻訳 ヒグチユウコ/イラスト
遠田潤子/著
阿部昭/著
もうすぐ発売(1週間以内)
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会:生きた建築ミュージアム大阪実行委員会 
株式会社 世界文化社:ズラータ・イバシュコワ 
論創社:入吉弘幸 
ネコ・パブリッシング:
主婦と生活社:椎隆子 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。