近刊検索 デルタ

11月20日発売予定

中央公論新社

歴史探究のヨーロッパ

修道制を駆逐する啓蒙主義
中公新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
宗教改革以降、カトリックは修道院での学術活動を活発化させた。とりわけ教会史や聖人伝等の文書を批判的に検証する学問が進歩を遂げ、偽書を分別する文献学や、ローマ法の解釈学など、現代の歴史学の基礎がここに形成されたのである。その中核となったのが、サン・モール修道会のマビヨンである。彼はデカルトやライプニッツらにどんな影響を与えたのか。宗教と世俗の相剋の間で、歴史と真理を探究した人々の足跡を追う。
著者略歴
佐藤 彰一(サトウショウイチ satoushouichi)
佐藤彰一 1945年山形県生まれ。1968年、中央大学法学部卒、1976年、早稲田大学大学院博士課程修了。名古屋大学教授等を経て、現在、同大学名誉教授。日本学士院会員。2002年、日本学士院賞受賞。専攻・西洋中世史。
タイトルヨミ
カナ:レキシタンキュウノヨーロッパ
ローマ字:rekishitankyuunoyooroppa

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
髙森美由紀/著
矢代幸雄/著
川上宗雪/監修 谷晃/編集
本日のピックアップ
信山社出版:結城忠 
技術評論社:横田一輝 
第一法規:成澤紀美 藤井総 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。