近刊検索 デルタ

2021年10月18日発売

中央公論新社

歴史修正主義

ヒトラー賛美、ホロコースト否定論から法規制まで
中公新書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
ナチによるユダヤ人虐殺といった史実について、意図的に歴史を書き替える歴史修正主義。フランスでは反ユダヤ主義者の表現、ドイツではナチ擁護として広まる。1980年代以降は、ホロコースト否定論が世界各地で噴出。独仏では法規制、英米ではアーヴィング裁判を始め司法で争われ、近年は共産主義の評価をめぐり東欧で拡大する。本書は、100年以上に及ぶ欧米の歴史修正主義の実態を追い、歴史とは何かを問う。
著者略歴
武井 彩佳(タケイアヤカ takeiayaka)
武井彩佳 1971(昭和46)年愛知県生まれ.94年早稲田大学第一文学部史学科卒業.2001年早稲田大学文学研究科史学専攻博士課程修了.01~04年日本学術振興会特別研究員.04年博士(文学・早稲田大学).早稲田大学比較法研究所助手などを経て,学習院女子大学国際コミュニケーション学科教授.専攻・ドイツ現代史,ホロコースト研究.著書『戦後ドイツのユダヤ人』(白水社,2005年),『ユダヤ人財産は誰のものか――ホロコーストから,パレスチナ問題へ』(白水社,2008年),『〈和解〉のリアルポリティクス――ドイツ人とユダヤ人』(みすず書房,2017年).訳書D・ストーン著『ホロコースト・スタディーズ――最新研究への手引き』(白水社,2012年).監訳W・ロワー著『ヒトラーの娘たち――ホロコーストに加担したドイツ女性』(明石書店,2016年).
タイトルヨミ
カナ:レキシシュウセイシュギ
ローマ字:rekishishuuseishugi

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
中村圭志/著
読売新聞文化部/編集
井上靖/著
もうすぐ発売(1週間以内)
集英社:堂場瞬一 
えにし書房:マーガレット・マクミラン 真壁広道 
玄光社:CMNOW編集部 大塚素久(SYASYA) 
講談社:藤本ひとみ 
主婦の友社:橋本将吉 

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。