近刊検索 デルタ

2020年1月20日発売

中央公論新社

戦時下の経済学者 経済学と総力戦

経済学と総力戦
中公選書
このエントリーをはてなブックマークに追加
内容紹介
第一次大戦から第二次大戦にかけて、社会はあらゆる資源・思想を動員する総力戦を経験した。そこで重要な役割を果たしたのが経済であり、本書では総力戦に直面した経済学者たちの思想や行動を追う。彼らの「経済学」は、当時の日本社会でどのような役割を担い、戦後にどのような影響を残したのか。また、あらゆる研究が政治的対立に利用される状況で、何を目指し、どう学問的発展を遂げたのか。第32回石橋湛山賞受賞。
著者略歴
牧野 邦昭(マキノクニアキ makinokuniaki)
牧野邦昭 1977年生まれ。東京大学経済学部卒業。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。現在、摂南大学経済学部准教授。専攻は近代日本経済思想史。著書に『柴田敬―資本主義の超克を目指して』(日本経済評論社、2015)、『経済学者たちの日米開戦』(新潮選書、2018)、共著に『昭和史講義―最新研究で見る戦争への道』(ちくま新書、2015)など。
タイトルヨミ
カナ:センジカノケイザイガクシャ
ローマ字:senjikanokeizaigakusha

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを使用しています。

中央公論新社の既刊から
堂場瞬一/著
堂場瞬一/著
三重大学国際忍者研究センター/著 山田雄司/編集
本日のピックアップ
シーエムシー出版:杉林堅次 正木仁 市橋正光 
東洋館出版社:鈴木ヒデトシ ノグチノブコ 

連載記事

発売してからどうです(仮)

>> もっと見る

※近刊検索デルタの書誌情報はopenBDのAPIを利用しています。